第2回キャラ文芸大賞開催中

第2回キャラ文芸大賞 参加作品 ランキング

701 34567
飯田羽澄はお嬢様学校の初芝女子高校に通う女の子。友達大好き、食べるの大好きな彼女はある日、教頭室から泣いて出てくる親友沙織の姿を目撃する。聞けば沙織は恋愛禁止の我が校で、こっそり彼氏と遊んでいたのを教頭に見つかってしまったらしい。退学か、それとも教頭と二人っきりで遊びにいくか?そんな究極の選択を迫られた沙織を助けるために、羽澄は友達を集めてチーム「初芝オーシャンズ」を結成! 今度は自分たちが教頭のスキャンダルを掴んで沙織を助けようとするのだが、それは更なる事件の幕開けだった!?
ポイント 573pt
文字数 125,796 最終更新日 2018.12.05 登録日 2018.11.20
162
キャラ文芸 連載中 長編 R15
前原 佐来(まえはら さら)高一 お姫様のような特別な存在になりたい。父親は浮気相手のもとに行きたいらしく、母親は遊びたいため離婚したいが、佐来がいるために離婚へ踏み出せないらしい。そのため、親からいなくなってほしいと言われ、虐待されている。 男女共に友達が多い。悩みを誰にも打ち明けられないなか、地味ないじめられっ子のオタク菊田恵広にばれてしまう。 菊田 恵広(きくた けいひろ)高一 何でも語り合える特別で大切な人がほしい。地味でオタクないじめられっ子。兄がいて仲が良い。夜中に苦しそうに走る佐来を目撃して以来、虐待されていることを知る。 石原 公(いしはら こう)四十二歳 佐来と恵広の担任。担当は物理。生徒の授業態度の嫌気がさしてやる気を失っている。酒ぐせを悪いこともあってタバコと共に禁止されてしまい、先生をやめようか迷っている。佐来が虐待されていることと、恵広がいじめを受けていることを知らない。
ポイント 568pt
文字数 37,904 最終更新日 2018.12.10 登録日 2018.11.12
「貴様を迎えに来た」――「化け物」と呼ばれる女子高生のもとに現れたのは、鬼面の男だった。変わりゆく身体、壊れる日常。全ての鍵は過去にあった!あやかし現代ファンタジー。
ポイント 566pt
文字数 129,975 最終更新日 2018.11.30 登録日 2018.11.16
【第2回キャラ文芸大賞エントリー中】  大学1年の天都白雪(あまつ しらゆき)は、人の姿や性格に『色』を感じ取れる共感覚の持ち主。  ある日、白雪が共感覚を持っていると知った3年の御幡黒銀(みはた くろがね)に誘われ、大学の探偵サークルに加わることになる。そこには、白雪とは異なる共感覚を持つ、個性豊かなメンバーが揃っていて……!?  その後、大学で起こった殺人事件をきっかけにして、白雪や黒銀たちはさまざまな謎に巻き込まれていくことになる。 *共感覚については独自の解釈が出てきます。あくまでフィクションとして受け止めていただけますと幸いです。
ポイント 565pt
文字数 2,902 最終更新日 2018.11.30 登録日 2018.11.30
無表情無口気味クール幼女がヘタレ風従兄に懐くまでの話。 ※小説家になろうに掲載中。
ポイント 561pt
文字数 8,563 最終更新日 2018.11.30 登録日 2018.11.30
廃れた宗派の女性司祭と彼女の元に現れた不思議な女の子の布教活動録。 ——現在までの主な活動—— ・深夜に幼女を追い掛け回した挙句、自宅に連れ込み服を脱がせベッドに連れ込む。 ・老人に自身の体液を飲ませ金を取る。 ・女性の腕を焼き切り、その旦那を寝取る。 ・中年男性が書いた秘密の小説を大衆の前で晒す。 ・魔女っ娘を隷属させ強制労働させる。 ・天才と呼ばれている男性の頭を背後から殴打する。 ・授業料未払いの癖に指導が悪いと難癖を付け学校側に謝罪を強要する。 (※横書き表示推奨)
ポイント 557pt
文字数 84,161 最終更新日 2018.11.24 登録日 2018.07.29
  異国情緒の漂う池袋R大学にて、今日もシャーロキアン達は語り合う―― 【シャーロキアンとは】 一八八七年、出版代理人アーサー・コナン・ドイル氏の薦めにより、伝記作家ジョン・H・ワトソン氏の執筆した推理小説『緋色の研究』が発表された。世界でたったひとりの「顧問探偵」が導く冒険活劇を描いたそれら作品群は、後に英国の月刊小説誌「ストランド・マガジン」にて好評を博し、今なお世界中の読者に愛されている――  そんな読者の中には、ワトソン氏の作品を「正典(canon。コナン氏のアナグラム)」と称して愛読し、名探偵の推理を検証したり、記述の矛盾に合理的解釈をつけたりと楽しむ方達がいた。  彼らのような愛読者・研究者・熱狂的ファンを、世間では『シャーロキアン』と呼ぶそうだ――
ポイント 545pt
文字数 22,043 最終更新日 2018.12.03 登録日 2017.11.30
家では座敷わらしとの同居生活、学校では学生からのお悩み相談。 和音壱多《わおんいちた》の日常は、座敷わらしの宇座敷千代子《うざしきちよこ》に取り憑かれたことで激変していた。 これは──想いを"繋ぐ"少年と、恋する座敷わらしの、少し不思議で、ちょっとだけ切ない物語。
ポイント 545pt
文字数 18,442 最終更新日 2018.12.10 登録日 2018.11.29
幼い頃、『なにものか』に魅入られた目つきの鋭い女子高生・鶴嶺一紗(つるみね かずさ)。 一紗は高校2年の春、奈良の親戚の家に預けられることになる。出迎えてくれたのは奈良県の桃源郷に住む褐色の美青年シタラだった。しかも何故か一紗を男と思い込んでいた。 この男が親戚なんて、真っ赤な嘘。その正体は山の寺を護る鬼神だった。そんなシタラを頼って神やあやかしたちがこの地に住み着いているという。 とりあえずバスで地元の高校に通うことになる一紗。男子制服しかないのでしばらくはそれで。 おかげで一紗は後輩女子に男と勘違いされ猛アタックされることになってしまい……。 奈良にはありがちなことではあるが、異界と現界が重なり合う古きこの地にて、あやかしたちと共に生活したり隠しているわけでもないのに女バレしたりする日常生活が始まる。 *今のところ短篇の予定ですが、増えるかもしれません。 *2~3日に一回の更新を予定しています。 *感想や誤字報告をいただけますと嬉しいです。
ポイント 544pt
文字数 10,865 最終更新日 2018.12.10 登録日 2018.11.30
人の通ることのない裏通り、ひっそりと佇むちょっと不思議な喫茶店。 そこに来るお客さんはなんとも個性的で……!? 悩みのある者しか見つけられない不思議な喫茶店のお悩み解決物語
ポイント 543pt
文字数 6,821 最終更新日 2018.12.05 登録日 2018.10.17
音桐壮二はある夏の日休学した高嶺の花の同級生・星合桜子に遭遇した。そこで星合桜子の休学の理由が急な失明であることと、目の前の人物を「音桐」だと認識できていないことに気付いた。彼は偽名を用いて、彼女と交流を始める。かつて自分への自信のなさから彼女とロクに会話ができなかったが、偽ることによって嘘のように楽しく会話することができた。 その後も彼女との交流は続くが周囲の人物によってあることを知らされる。彼女の失明は精神的な原因によるものであり、いずれ回復する可能性が高い、と。それはやがて訪れる終わりの予告であった。
ポイント 543pt
文字数 42,471 最終更新日 2018.12.02 登録日 2018.10.23
僕は兄に約束をすっぽかされた。 上京一日目にして、災難は続く。宿泊予定だった部屋に戻ってくれば首吊り死体。更には隣部屋の男が殺人だと言い始めて、僕は容疑者の1人。真実を話しているのに、あらぬ疑いは晴れない。八方ふさがりの僕。そんな、散々な日の話し。 (他投稿サイトにて投稿済みの作品を修正したものです)
ポイント 543pt
文字数 31,279 最終更新日 2018.12.01 登録日 2018.11.30
晴れた空から雨が降っていた。彩がお狐様と出会ったのは、そんな天気の日だった。  彩は東京からナンパされた男と一緒に田舎に遊びに来ていた。だがままならぬ日々に鬱々としていて、そのせいなのか男ともめて山奥に一人置いていかれてしまう。 どころか、その男に襲われそうになったところを奇妙な形で助けられたのだった。 彩には妙な過去がある。彩は十二歳の時に大木の洞から生まれたのだった。そしてそれ以前の記憶はない。だが今度訪れた場所は彩に懐かしい思いを起こさせた。 そして見つけたのは通りすがりのイケメンだった。イケメンに目が無い彩は、無意識に男を追っていき、さびれた祠にたどり着く。そこは鵺という時間を盗む魔物を狩ることを生業にしている、妖怪たちの棲家だったのだ。
ポイント 541pt
文字数 134,818 最終更新日 2018.12.05 登録日 2018.10.31
自称天才リケジョ中学生が田舎の蔵で発見したものとは……。 SF(少しふしぎ)ミステリー。
ポイント 541pt
文字数 16,967 最終更新日 2018.11.15 登録日 2018.11.15
大学の物理学研究室を首になった高嶺葉一は友人の太田に心理学研修室に来るように誘われるが、生粋の理系人間で、学問から離れるくらいなら死んでしまおうと屋上へやって来た。 手すりに足をかけて、飛び降りようとしていたその時、手すりの向こうからおばさんが「よっこいしょ」と現れた。 しかも、ありえない場所からやってきて、ありえないシュチュエーションで・・・ それを機に、葉一はカツ子を研究材料とし、カツ子の霊能力を調べることにする。 カツ子はただのお手伝い件、店番件、運転手くらいにしか思ってはいない・・・ そしてカツ子のところに一つの事件が舞い込んだ。 華岡女子高等学校は中間一貫教育、全寮制で厳しい学則で有名なお嬢様学校での失踪事件。 いじめ問題もあり、うっかり警察には届けられないから、カツ子に占ってほしいと依頼が来た。 だが、カツ子はそんなことは警察に頼めと相手にしない。だが、着手金の1千万を元恋人に盗まれ、や無終えず仕事を引き受けることに・・・ 生徒の一人が骨折で入院しそこへ見舞に行った三人が行方不明になったと言うのだが、調べていくうちに入院した生徒の恋人が関わっていることが解る。 カツ子は気乗りしないと言いながらも、必死で女子高生たちを守ろうとする。
ポイント 538pt
文字数 89,075 最終更新日 2018.11.30 登録日 2018.11.06
大樹は毎夜のように見る夢に悩んでいた。それは別の世界で生活する自分を覗き見るように詳細なディテールがあり、エピソードは系統だって続いているように感じられる。やがて、その夢は大樹の現実の生活を侵食し始める。 エブリスタに投稿している同名小説の改稿版です。
ポイント 538pt
文字数 26,804 最終更新日 2018.12.11 登録日 2018.11.16
歴史深い村の中で、忌み子と称され生きる娘 秋花 村に伝わる古い言い伝えにより、村人達から迫害され、彼女はずっと人間の輪の中に入る事が出来ず、孤立し生き続けてきた。 そんな彼女を育てたのは、普通の人間には見えない、物に心が宿った『付喪』と呼ばれる、妖達… 人に嫌われても、彼等と過ごす楽しい日々を秋花は満喫していた。 しかし…学校で偶然出会ったある男によって、彼女の人生は少しずつ変わり始める。 そして、そのある男の正体とは… ※この物語はフィクションです。 また、この物語は所々、失言を多少利用しています。それをご承知の上、お読み下さい。 大変申し訳御座いません。
ポイント 537pt
文字数 623,737 最終更新日 2018.10.30 登録日 2016.08.24
平和に暮らしていたふつうの女子高生が、古い神社の御神体に宿る神さまに魅入られたせいで、不穏な事件に巻き込まれていく物語。
ポイント 536pt
文字数 15,878 最終更新日 2018.11.29 登録日 2018.11.29
主人公マサヨシと壺から出てきた彼女のハートフル怪奇コメディ 下記の続編として執筆しています。 「君に★首ったけ!」https://www.alphapolis.co.jp/novel/771412269/602178787 2018.10.16ジャンルをキャラ文芸に変更しました
ポイント 529pt
文字数 124,651 最終更新日 2018.12.07 登録日 2018.07.13
そんなに都市部でもない、かと言って田舎過ぎないちょっとした町に存在する宝飾店……「Bear」一号店。 祖父から姉、そして姉から店を引き継いだ男はそんな町人達のドラマにきらめきを与えていく。そう例え、どんな客にでも。 さて、お待ちしておりました。
ポイント 528pt
文字数 22,072 最終更新日 2018.12.03 登録日 2018.11.22
壊れた品物、そこに込められた想いごと、修繕いたします 小さな町の修繕屋『九十九堂(つくもどう)』 そこには今日も、修繕を待つ品物と、そこに込められた想いが届けられる 「物は、大切に扱ってあげてくださいね。  想いを込めて使ってあげれば、器物は主に答えてくれるんですよ」 品物とともに持ち込まれれる、町の不思議 九十九堂が修繕するのは、なにも品物だけではない 店主は今日も、緑茶を片手にほんわかと笑う 小さな町の、不思議な修繕屋の面々が紡ぐ、ほんわか不思議あやかしミステリー はじまりはじまり 表紙イラスト:秋風コウハ様
ポイント 527pt
文字数 120,739 最終更新日 2018.11.07 登録日 2018.10.08
 天ノ白川神社には八百万保育園があり、宮司の清が、人の子と人に祀られることがなくなった神様のご神体を預かってくれます(有料)。祟り神となった神様を癒して祀り、守り神にするのが清の仕事です。  しかし割とぐーたらのんびり、しかも気が使えない清は神様を癒す事が、出来ないのです。神社の維持はお金がかかり、のんびりしている暇などありませんが。  そんな天ノ白川神社に珠がやってくる。とても綺麗な女性です。  ひょんな事から清は珠を家政婦巫女先生として雇うことになりますが、これもまた相当な変わりものなのです。  神社の維持のため、神様のため、子供達のため、清のため。珠は清の正念を叩き直すべく、鬼嫁のように清を働かせるわけです。  ぐーたらの清は文句を言いながらも、珠を追い出せない理由があるのです。  あやかしと神は紙一重。  人に捨てられ祟り神となった変な姿の神様を癒し、割とコミカルで子供に癒されるほのぼのほっこり物語。 (ちょっと前に連載してたものを削除して大きく内容変えたもの)
ポイント 527pt
文字数 55,652 最終更新日 2018.12.08 登録日 2018.11.14
メインのお話を誰も読んでくれないのでヤケクソで書きました。大便だけに。 さて、この作品の紹介。主人公である池谷和人(いけがやかずと)を中心に巻き起こる青春脱糞学園ストーリー。次々に連鎖していく脱糞に終止符は打たれるのか! 今、和人の愛と悲しみと勇気に満ちた高校生活が幕を開ける!!
ポイント 527pt
文字数 73,151 最終更新日 2018.07.31 登録日 2017.11.10
蔵田さんは喫茶店の店長。無愛想で、寡黙。店員とうまくいかずバイト募集をだし…高校1年の華子はバイトを始めた。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 第1部は 白猫を可愛がる店長に片想いする【女子高生】と【憑依された白猫】の物語 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 第2部は 化け猫春子の日常です。
ポイント 524pt
文字数 12,368 最終更新日 2018.11.06 登録日 2018.11.02
 猫目町三丁目のコンビニに来るお客さんから日々の糧を頂いて生活する猫ハネケの日常。三万分の一の確率で生まれる、珍しいオスの三毛猫である。風守結菜(かざもりゆいな)という道術士と共に、日夜、猫目町の夜のあやかしを退治している。
ポイント 523pt
文字数 8,993 最終更新日 2018.12.08 登録日 2018.11.24
家久宗一郎は愛媛県松川市の道前温泉にある土産物屋の店主である。25歳、独身。東京に彼女を残して実家の土産物屋を継いだ。宗一郎は幼少期に神隠しに遭い、『拝み屋』として生きることを余儀なくされる――。 幼なじみの翼とさくら、式神の遊女『牡丹』と共に、宗一郎は松川に巣食う亡霊達を調伏していく。「信じた札が届けば勝ちだ。届かなければ、死ぬ」祖母が遺した言葉が、やがて覚悟に変わっていく。 化け物退治プラス、ドタバタラブコメとなっております。
ポイント 523pt
文字数 136,723 最終更新日 2018.11.29 登録日 2018.11.28
綺麗な桜が満開に咲き誇る、春。 一人暮らしを初めて早二年。大学に通いながら、アルバイトをして生活していたー鬼怒川 一姫(きぬかわ いつき)。二十一才。 ある日、大学の仲のいい友人達と花見に来ていて、一姫は、“アヤカシ”と呼ばれる生き物に襲われる。 その原因は、生まれながらにして持つ体質のせいだった………。 ※気長に更新していきます。 ※改善していくため、感想など頂けたら幸いです。
ポイント 522pt
文字数 29,872 最終更新日 2018.12.12 登録日 2018.10.21
愛猫が決まった夜に家を出る。 真夜中に何をしているのか? すべてのカギを握るのは深夜ラジオだった。
ポイント 522pt
文字数 34,714 最終更新日 2018.11.30 登録日 2018.11.30
僕は猫。 山本桜はいつも男をたぶらかしている。 そんな最低な彼女なのに、どこか憎めない。 彼女の手はやさしくて、僕はわかっているのに彼女に恋をしてしまうのだ。
ポイント 521pt
文字数 11,025 最終更新日 2018.12.03 登録日 2018.11.25
鏡太郎は大叔父さんの遺した眼鏡屋さんで働くため伊勢にやってくる。そして、大叔父さん亡きあと店の経営を任されていたという女性と出会う。その女性はちょっと変わっていて……。なりゆきで一緒に暮らし始める。 故郷の伊勢を思い出しながら書いています。実在する地名が出てきますが、この作品はフィクションです。
ポイント 521pt
文字数 3,650 最終更新日 2018.12.08 登録日 2018.11.29
191
キャラ文芸 完結 長編 R15
孤児院暮らしから一転、女であるにも関わらずなぜか全寮制の名門男子校に入学する事になったユーリ。 性別を隠しながらも初めての学園生活を満喫していたのもつかの間、とある出来事をきっかけに、ルームメイトに目を付けられて、厄介ごとを押し付けられる。 顔の塗りつぶされた肖像画。 完成しない彫刻作品。 ユーリが遭遇する謎の数々とその真相とは。 19世紀末。ヨーロッパのとある国を舞台にした日常系ミステリー。 (タイトルに※マークのついているエピソードは他キャラ視点です)
ポイント 520pt
文字数 463,225 最終更新日 2018.01.16 登録日 2017.11.19
血のつながりもなければ、お互いの過去も知らない 高校1年から突然家族に 絶対に周りにバレてはいけない秘密を抱えた2人の日常物語
ポイント 518pt
文字数 5,535 最終更新日 2018.12.09 登録日 2018.09.09
羽の生えた女の子が青年に拾われました。 「驚いた。君は本当に飛べるんだね」 「人間じゃないと思うよ」 「あれじゃないかな、天使」 第1話 「鳥」「おいしい肉」 第2話 「魚」「ガラクタいじり」 第3話 「馬」「顔認証」「真祖鳥」「11次元感覚器」「system_D-4.4」 第4話 「人」「天窓症候群」「被験体J」「恋」
ポイント 518pt
文字数 15,015 最終更新日 2018.12.06 登録日 2018.11.25
今日もくーちゃんからヘンテコな理論が飛び出します。 朝霧くらげ。 高校1年生。 彼女は他の、大多数の、一般の、普通の、大勢の、大方の。 人とは違う感性と、考えと、行動力を持っている。 ルームメイトの稲岡もえぎは、そんなくらげの「言い分」と「屁理屈」を、 「くらげ理論」と名付けた。 ※この小説は1話完結の短編です。
ポイント 518pt
文字数 4,450 最終更新日 2018.11.30 登録日 2018.11.30
2つの顔のあるこの国。昼の穏やかな顔と夜の悪の蔓延る顔。 彼ら狼は夜の秩序を守る執行人である。 ※この物語はフィクションです。実際の人物や団体などとは関係ありません。
ポイント 515pt
文字数 2,226 最終更新日 2018.12.02 登録日 2018.11.05
『生きる形は違えど、共に生きよう―』 神と人との間に生まれた水神に嫁ぐことになった秋山楓。 新居に引っ越したら、そこは様々な人外×人間の夫婦が暮らす 「あやかし長屋(ハイツたそかれ)」だった。 様々な事情から夫婦となった人と妖怪の 愛と絆の物語。 いわゆる『あやかしもの』ですが、その中でも 「人外さんとの婚姻」に焦点を当てた作品となっています。
ポイント 515pt
文字数 7,482 最終更新日 2017.12.18 登録日 2017.11.30
197
キャラ文芸 連載中 長編 R15
明治時代。史上初の女性陰陽師の土御門 春華は、妖怪総大将であるヴァンパイアのロキに出会う。 「この時代に起きる事件は妖怪の仕業」 利害が一致してコンビを組んだ二人は、偉人たちの悩みを解決して互いの仲を深めていく――。 【カクヨムでも投稿しています】
ポイント 515pt
文字数 24,925 最終更新日 2018.12.01 登録日 2018.11.21
大学進学とともに東京で生活をすことになった俺。 住んでいるのは家賃四万五千円の壽樂荘というアパート。それだけ安いのは事故物件とかではなく単にボロだから。そんなアパートには幽霊とかいったモノはついてないけれど、可愛くないヤクザのような顔の猫と個性的な住民が暮らしていた。 俺と猫と住民とのどこか恍けたまったりライフ。
ポイント 512pt
文字数 61,011 最終更新日 2018.08.30 登録日 2018.07.31
異空間と化した居酒屋「青い葵」を歴史上の人物が次々に訪れる。
ポイント 512pt
文字数 10,045 最終更新日 2018.08.30 登録日 2018.08.30
夏休みのある日、女子中学生の麻琴は同級生たちと一緒に新しく出来た遊園地のプレオープンへと訪れる。待っていたのはアトラクションやマスコットキャラクター、そして……地獄だった! サイレン音が突如鳴り響き、地下より現れた謎の黒装束集団が、金属バットを片手に次々と来園客の尻を狙って襲い始める! 奴らの目的は一体何なのか? 果たして、麻琴たちは無事に生きて園内から逃げ出せるのか? 叩いて、叩いて、叩きまくる! 異色のケツバット・ホラーアクション、まさかの再始動! ※この作品はエブリスタ、小説家になろうでも公開しております。
ポイント 511pt
文字数 132,344 最終更新日 2018.11.14 登録日 2018.08.27
701 34567