乙女田スミレ

乙女田スミレ

遅筆ですが、今年も完結めざして書きます!

『花が舞う夜』完結しました

短編『花が舞う夜』、本日完結しました。お読みくださったすべての方々に感謝を申し上げます。
お花だらけで胸やけを起こされていないと良いのですが……。

年が明けて新しいことに挑戦してみたくなり、「もしかして短編ならできるかも!?」と挑んでみた毎日更新でしたが、やはり私にはきつかったです……。
でも、一年ほど騎士の物語で頭がいっぱいだったせいか、「きゃっ」とか言ってしまうヒロインは新鮮で、楽しみながら書くことができました。

〝持参金要らず〟な姉姫たちの物語もふんわり浮かんでいますが、ある意味トントン拍子だった三女とは違い、お姉ちゃんたちにはかなりの紆余曲折がありそうです。

長女はシリアスで、次女はドタバタで……などと妄想し出すと止まらないのですが、もっと書きたいものもあり、まずは『年下騎士は生意気で』の番外編を進めつつ、次の物語について考えていこうと思います。

『年下騎士――』の方のヒロインは「きゃっ」とは言いませんが、こちらも楽しく書かせていただいています。

ズボラな私が、「楽しいけど、他にやらなきゃいけないこともいっぱいあるし、残りはまたいつか書けばいいや~」などと途中でほったらかしにせず、思い描いた完結に向かって情熱を持って書き続けられるのは、ひとえに読んでくださる方々の存在があるからです。
本当にありがとうございます。お礼の気持ちが届きますように。

令和三年二月 乙女田スミレ
コメント 0
登録日 2021.02.07 18:37

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0