第17回恋愛小説大賞開催中
※大賞ランキングの集計・更新は1日1回(0時)です。また、最初のランキング更新は2日0時になるため、開催直後の24時間については前日の閲覧ポイント順で固定表示となります。

第17回恋愛小説大賞 参加作品

2,625 12345
1 stay
恋愛 連載中 長編 R15
セラティーナ=プラティーヌには婚約者がいる。灰色の髪と瞳の美しい青年シュヴァルツ=グリージョが。だが、彼が愛しているのは聖女様。幼少期から両想いの二人を引き裂く悪女と社交界では嘲笑われ、両親には魔法の才能があるだけで嫌われ、妹にも馬鹿にされる日々を送る。 そんなセラティーナには前世の記憶がある。そのお陰で悲惨な日々をあまり気にせず暮らしていたが嘗ての夫に会いたくなり、家を、王国を去る決意をするが意外にも近く王国に来るという情報を得る。 前世の夫に一目でも良いから会いたい。会ったら、王国を去ろうとセラティーナが嬉々と準備をしていると今まで聖女に夢中だったシュヴァルツがセラティーナを気にしだした。
文字数 139,374 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.20
2 stay
恋愛 連載中 長編 R15
次期公爵である優秀な兄と、母によく似た美しい妹。その間に挟まれた「公爵家の長女」たる私は「王太子の婚約者」でもあった。今日、婚約解消を申し出られるまでは。 いずれ王妃になるのだからと努力を重ねてきたのに、婚約者の王子の隣には噂の男爵令嬢。 「あなたはよく努力しているわ。でも、それだけなのよ」。王妃に追い打ちをかけられ、失意のうちに帰宅をした私に告げられた父の決定は、それまでの私の全てを否定するものだった。自室で泣き伏せた私が見た夢は全く別の世界のもので。「私の、前世?」 全てと決別して新しい自分を生きることにした「公爵家の長女」だった私の物語。
文字数 51,333 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.31
3 stay
恋愛 連載中 長編 R15
リール王太子殿下とサリー・ペルガメント侯爵令嬢は六歳の時からの婚約者である。 二人はお互いを励まし、未来に向かっていた。 しかし、王太子殿下は最近ある子爵令嬢に御執心で、サリーを蔑ろにしていた。 サリーは幾度となく、王太子殿下に問うも、答えは得られなかった。 二人は身分差はあるものの、子爵令嬢は男装をしても似合いそうな顔立ちで、長身で美しく、 まるで対の様だと言われるようになっていた。二人を見つめるファンもいるほどである。 サリーは婚約解消なのだろうと受け止め、承知するつもりであった。 しかし、そうはならなかった。
文字数 249,540 最終更新日 2024.02.23 登録日 2023.10.12
4 stay
恋愛 完結 短編
セレーナは嫁いで三年が経ってもいまだに旦那様と使用人達に受け入れられないでいた。 そんな時頭をぶつけたことで前世の記憶を思い出し、家を出ていくことを決意する。 「…そうだ、この結婚はなかったことにしよう」 ※ご都合主義、ふんわり設定です ※小説家になろう様にも掲載しています
文字数 50,877 最終更新日 2024.02.09 登録日 2024.01.27
5 stay
恋愛 連載中 短編 R15
番だと言われて異世界に召喚されたわたしは、番との永遠の愛に胸躍らせたが、番は迎えに来なかった。 召喚者が持つ能力もなく。番の家も冷たかった。 しかし、能力があることが分かり、わたしは一人で生きて行こうと思った・・・・
文字数 40,012 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.30
6 stay
恋愛 連載中 長編 R15
お飾りの王妃が自室の窓から飛び降りた。 目覚めたら、死を選んだ原因の王子と初めて会ったお茶会の日だった。 王子との婚約を回避しようと頑張るが、なぜか周りの様子が前回と違い……? ※カクヨムでも公開中
文字数 101,542 最終更新日 2024.02.23 登録日 2023.12.28
7 stay
恋愛 完結 長編 R18
第17回恋愛小説大賞にエントリーしています。 レティシア・マークスは、『妖精姫』と呼ばれる社交界随一の美少女だが、実際は亡くなった前妻の子として家族からは虐げられていて、過去に起きたある出来事により男嫌いになってしまっていた。 社交界デビューしたレティシアは、家族から逃げるために条件にあう男を必死で探していた。 そんな時に目についたのが、女嫌いで有名な『氷血公爵』ことテオドール・エデルマン公爵だった。 レティシアは、自分自身と生まれた時から一緒にいるメイドと護衛を救うため、テオドールに決死の覚悟で取引をもちかける。 R18シーンがある場合、サブタイトルに※がつけてあります。 ムーンライトで公開してあるものを、少しずつ改稿しながら投稿していきます。
文字数 155,463 最終更新日 2024.02.14 登録日 2024.01.11
8 stay
恋愛 連載中 長編 R15
婚約者だった王太子殿下は、最近聖女様にかかりっきりで私には見向きもしない。 それなのに妃教育と称して仕事を押し付けてくる。 しまいには建国パーティーの時に婚約解消を突き付けられてしまった。 王太子殿下、それから私の両親。今まで尽くしてきたのに、裏切るなんて許せません。 でも、これ以上奪われるのは嫌なので、さっさとお別れしましょう。 ※恋愛はゆっくり進みます。 ◇2024/2/5 HOTランキング1位に掲載されました。本当にありがとうございます!
文字数 107,675 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.31
9 stay
恋愛 完結 長編
王女フランチェスカは近い将来、臣籍降下し女公爵となることが決まっている。 その婿として選ばれたのがヨーク公爵家子息のセレスタン。だがこの男、よりにもよってフランチェスカの侍女と不貞を働き、結婚後もその関係を続けようとする屑だった。 あることがきっかけでセレスタンの悍ましい計画を知ったフランチェスカは、不出来な婚約者と自分を裏切った侍女に鉄槌を下すべく動き出す……。
文字数 172,186 最終更新日 2024.02.01 登録日 2023.12.21
10 stay
恋愛 連載中 長編 R15
 第一章 2/29完結予定  異母妹に嫉妬して修道院で孤独な死を迎えたベアトリーチェは、目覚めたら10才に戻っていた。過去の婚約者だったレイノルドに別れを告げ、新しい人生を歩もうとした矢先、レイノルドとフェリシア王女の身代わりに呪いを受けてしまう。呪い封じの魔術の所為で、ベアトリーチェは銀色翠眼の容姿が黒髪灰眼に変化した。しかも、回帰前の記憶も全て失くしてしまい。記憶に残っているのは数日間の出来事だけだった。  実の両親に愛されている記憶しか持たないベアトリーチェは、これから新しい思い出を作ればいいと両親に言われ、生まれ育ったアルカイドを後にする。  第二章 3月開始  ベアトリーチェは15才になった。本来なら13才から通える魔法魔術学園の入学を数年遅らせる事になったのは、フロンティアの事を学ぶ必要があるからだった。  フロンティアはアルカイドとは比べ物にならないぐらい、高度な技術が発達していた。街には路面電車が走り、空にはエイが飛んでいる。そして、自動階段やエレベーター、冷蔵庫にエアコンというものまであるのだ。全て魔道具で魔石によって動いている先進技術帝国フロンティア。  護衛騎士デミオン・クレージュと共に新しい学園生活を始めるベアトリーチェ。学園で出会った新しい学友、変わった教授の授業。様々な出来事がベアトリーチェを大きく変えていく。  一方、国王の命でフロンティアの技術を学ぶためにレイノルドやジュリア、ルシーラ達も留学してきて楽しい学園生活は不穏な空気を孕みつつ進んでいく。  第二章は青春恋愛モード全開のシリアス&ラブコメディ風になる予定です。  ベアトリーチェを巡る新しい恋の予感もお楽しみに!  ※印は回帰前の物語です。
文字数 57,841 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.31
11 stay
恋愛 連載中 長編 R15
「貴様とは婚約破棄だ!」⋯⋯な〜んて、聞き飽きたぁぁ! あちこちでよく見かける『使い古された感のある婚約破棄』騒動が、目の前ではじまったけど、勘違いも甚だしい王子に笑いが止まらない。 断罪劇? いや、珍喜劇だね。 魔力持ちが産まれなくて危機感を募らせた王国から、多くの魔法士が産まれ続ける聖王国にお願いレターが届いて⋯⋯。 留学生として王国にやって来た『婚約者候補』チームのリーダーをしているのは、私ロクサーナ・バーラム。 私はただの引率者で、本当の任務は別だからね。婚約者でも候補でもないのに、珍喜劇の中心人物になってるのは何で? 治癒魔法の使える女性を婚約者にしたい? 隣にいるレベッカはささくれを治せればラッキーな治癒魔法しか使えないけど良いのかな? 聖女に聖女見習い、魔法士に魔法士見習い。私達は国内だけでなく、魔法で外貨も稼いでいる⋯⋯国でも稼ぎ頭の集団です。 我が国で言う聖女って職種だからね、清廉潔白、献身⋯⋯いやいや、ないわ〜。だって魔物の討伐とか行くし? 殺るし? 面倒事はお断りして、さっさと帰るぞぉぉ。 訳あって、『期間限定銭ゲバ聖女⋯⋯ちょくちょく戦闘狂』やってます。いつもそばにいる子達をモフモフ出来るまで頑張りま〜す。 ーーーーーー ゆるふわの中世ヨーロッパ、幻の国の設定です。 完結まで予約投稿済み R15は念の為・・
文字数 322,313 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.30
12 up
恋愛 連載中 短編
「メリーナ、お前との婚約を破棄する!」夜会の最中に婚約者の第一王子から婚約破棄を告げられ、妹からは馬鹿にされ、貴族達の笑い者になった。 その時、思い出したのだ。(私の前世、美容部員だった!)この体型、ドレス、確かにやばい!  この世界の美の基準は、スリム体型が前提。まずはダイエットを……え、もう次の結婚? お相手は、超絶美形の伯爵様!? からの溺愛!? なんで!?
文字数 64,426 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.31
13 down
恋愛 連載中 長編
十年以上婚約している男爵家の子息、カーサは婚約者であるグレーテルを蔑ろにしていた。 事あるごとに幼馴染との約束を優先してはこういうのだ。 「君は優しいから許してくれるだろ?」 都合のいい言葉だった。 百姓貴族であり、包丁侍女と呼ばれるグレーテル。 侍女の中では下っ端でかまど番を任されていた。 地位は高くないが侯爵家の厨房を任され真面目だけが取り柄だった。 しかし婚約者は容姿も地位もぱっとしないことで不満に思い。 対する彼の幼馴染は伯爵令嬢で美しく無邪気だったことから正反対だった。 甘え上手で絵にかいたようなお姫様。 そんな彼女を優先するあまり蔑ろにされ、社交界でも冷遇される中。 「グレーテル、君は優しいからこの恋を許してくれるだろ?」 浮気を正当した。 既に愛想をつかしていたグレーテルは 「解りました」 婚約者の願い通り消えることにした。 グレーテルには前世の記憶があった。 そのおかげで耐えることができたので包丁一本で侯爵家を去り、行きついた先は。 訳ありの辺境伯爵家だった。 使用人は一日で解雇されるほどの恐ろしい邸だった。 しかしその邸に仕える従者と出会う。 前世の夫だった。 運命の再会に喜ぶも傷物令嬢故に身を引こうとするのだが… その同時期。 元婚約者はグレーテルを追い出したことで侯爵家から責められ追い詰められてしまう。 侯爵家に縁を切られ家族からも責められる中、グレーテルが辺境伯爵家にいることを知り、連れ戻そうとする。 「君は優しいから許してくれるだろ?」 あの時と同じような言葉で連れ戻そうとするも。 「ふざけるな!」 前世の夫がブチ切れた。 元婚約者と元夫の仁義なき戦いが始まるのだった。
文字数 47,606 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.26
14 stay
恋愛 完結 短編 R18
「ヴィクトリア、紹介するよ。彼女を私の妃として娶ることにした」 (……この人はいったい誰かしら?)  皇后ヴィクトリアは愛する夫からの突然の宣言に混乱しながらも――――心の片隅でどこか冷静にそう思った。  数多の獣人国を束ねている竜人の住まう国『ドラゴディス帝国』。ドラゴディス皇帝ロイエは外遊先で番を見つけ連れ帰るが、それまで仲睦まじかった皇后ヴィクトリアを虐げるようになってしまう。番の策略で瀕死の重傷を負うヴィクトリア。番に溺れるロイエの暴走で傾く帝国。  そんな中いつの間にか性悪な番は姿を消し、正気を取り戻したロイエは生き残ったヴィクトリアと共に傾いた帝国を建て直すために奔走する。  かつてのように妻を溺愛するようになるロイエと笑顔でそれを受け入れるヴィクトリア。  復興する帝国。愛する妻。可愛い子供達。  ロイエが取り戻した幸せな生活の果てにあるものは……。
文字数 90,361 最終更新日 2024.02.20 登録日 2024.01.25
15 stay
恋愛 連載中 長編
伯爵令嬢のソフィアの婚約者、ヘリオスの義妹テレサは聖女だった。 美しく可憐な面立ちで、国一番の美女と謡われて誰からも愛される存在だった。 聖女であることで後ろ盾が必要なため、ヘリオスの義妹となった。 しかしヘリオスは無垢で美しい義妹を愛するようになり、社交界でも噂になり。 ソフィアは身を引くことを選ぶ。 元より政略結婚でヘリオスに思いはなかったのだが… ヘリオスとその家族は絶句する。 あまりにもあっさりしたソフィアは貴族籍を除籍しようとしたのだが、隣国との同盟の為に嫁いでほしいと国王に懇願されるのだった。 そのおかげでソフィアの矜持は守られたのだ。 しかしその相手は隣国の英雄と呼ばれる人物でソフィアと縁のある人物だった。 しかもヘリオスはとんでもない勘違いをしていたのだが…
文字数 63,276 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.11
16 stay
恋愛 連載中 長編 R15
伯爵家の跡継ぎとして養女になったリシェラ。それなのに義妹が生まれたからと冷遇を受け続け、成人した誕生日に追い出されることになった。 そのとき幼なじみの王子から婚約を申し込まれるが、彼に無実の罪を着せられて処刑されてしまう。 目覚めたリシェラは、なぜか三年前のあの誕生日に時間が巻き戻っていた。以前は騙されてしまったが、二度目は決して間違えない。 「しっかりお返ししますから!」 リシェラは順調に準備を進めると、隣国で暮らすために旅立つ。 予定が狂いだした義父や王子はリシェラを逃したことを後悔し、必死に追うが……。 一方、義妹が憧れる次期辺境伯セレイブは冷淡で有名だが、とある理由からリシェラを探し求めて伯爵領に滞在していた。 ◇◇◇ 設定はゆるあまです。短編から長編に変更しました。お気軽にどうぞ~。 ◆24/2/8◆HOT女性向けランキング3位◆ いつもありがとうございます!
文字数 88,415 最終更新日 2024.02.24 登録日 2024.01.31
17 stay
恋愛 連載中 長編
 長年片思いしていた幼馴染のレイモンドに大失恋したアデレード・バルモア。  自暴自棄になった末、自分が不幸な結婚をすればレイモンドが罪悪感を抱くかもしれない、と非常に歪んだ認識のもと、女嫌いで有名なペイトン・フォワードと白い結婚をする。  しかし、初顔合わせにて「君を愛することはない」と言われてしまい、イラッときたアデレードは「嫌です。私は愛されて大切にされたい」と返した。  あまりにナチュラルに自分の宣言を否定されたペイトンが「え?」と呆けている間に、アデレードは「この結婚は政略結婚で私達は対等な関係なのだから、私だけが我慢するのはおかしい」と説き伏せ「私は貴方を愛さないので、貴方は私を愛することでお互い妥協することにしましょう」と提案する。ペイトンは、断ればよいのに何故かこの申し出を承諾してしまう。  かくして、愛され妻と嫌われ夫契約が締結された。  出鼻を挫かれたことでアデレードが気になって気になって仕方ないペイトンと、ペイトンに全く興味がないアデレード。温度差の激しい二人だったが、その関係は少しずつ変化していく。  そんな中アデレードを散々蔑ろにして傷つけたレイモンドが復縁を要請してきて……!? *小説家になろう様にも掲載しています。
文字数 111,753 最終更新日 2024.02.22 登録日 2023.10.17
18 stay
恋愛 連載中 長編 R15
「お母様……」 冷たく薄暗く、不潔で不快な地下の罪人牢で、彼女は独り、亡き母に語りかける。その掌の中には、ひと粒の小さな白い錠剤。 古ぼけた簡易寝台に座り、彼女はそのままゆっくりと、覚悟を決めたように横たわる。 「言いつけを、守ります」 最期にそう呟いて、彼女は震える手で錠剤を口に含み、そのまま飲み下した。 こうして、第二王子ボアネルジェスの婚約者でありカストリア公爵家の次期女公爵でもある公女オフィーリアは、獄中にて自ら命を断った。 そして彼女の死後、その影響はマケダニア王国の王宮内外の至るところで噴出した。 「ええい、公務が回らん!オフィーリアは何をやっている!?」 「殿下は何を仰せか!すでに公女は儚くなられたでしょうが!」 「くっ……、な、ならば蘇生させ」 「あれから何日経つとお思いで!?お気は確かか!」 「何故だ!何故この私が裁かれねばならん!」 「そうよ!お父様も私も何も悪くないわ!悪いのは全部お義姉さまよ!」 「…………申し開きがあるのなら、今ここではなく取り調べと裁判の場で存分に申すがよいわ。⸺連れて行け」 「まっ、待て!話を」 「嫌ぁ〜!」 「今さら何しに戻ってきたかね先々代様。わしらはもう、公女さま以外にお仕えする気も従う気もないんじゃがな?」 「なっ……貴様!領主たる儂の言うことが聞けんと」 「領主だったのは亡くなった女公さまとその娘の公女さまじゃ。あの方らはあんたと違って、わしら領民を第一に考えて下さった。あんたと違ってな!」 「くっ……!」 「なっ、譲位せよだと!?」 「本国の決定にございます。これ以上の混迷は連邦友邦にまで悪影響を与えかねないと。⸺潔く観念なさいませ。さあ、ご署名を」 「おのれ、謀りおったか!」 「…………父上が悪いのですよ。あの時止めてさえいれば、彼女は死なずに済んだのに」 ◆人が亡くなる描写、及びベッドシーンがあるのでR15で。生々しい表現は避けています。 ◆公女が亡くなってからが本番。なので最初の方、恋愛要素はほぼありません。最後はちゃんとジャンル:恋愛の予定です。 ◆ドアマットヒロインを書こうとしたはずが。どうしてこうなった? ◆作中の演出として自死のシーンがありますが、決して推奨し助長するものではありません。早まっちゃう前に然るべき窓口に一言相談を。 ◆作者の作品は特に断りなき場合、基本的に同一の世界観に基づいています。が、他作品とリンクする予定は特にありません。本作単品でお楽しみ頂けます。 ◆この作品は小説家になろうでも公開します。話数調整の関係でなろう版がやや先行しています。 ◆24/2/17、HOTランキング女性向け1位!?1位は初ですありがとうございます!
文字数 79,180 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.30
19 stay
恋愛 連載中 長編 R15
乙女ゲームの主人公の引き立て役である出来の悪い妹に転生してしまったミモザ。 天然無神経な姉、いじめてくる幼馴染、殺意の高すぎる相棒の精霊ー…… 奪われ続ける人生に嫌気がさし、せめて一つだけても奪い返してやろうとゲーム内で唯一ミモザのことを褒めてくれていた最強の精霊騎士レオンハルトへ弟子入りをして反撃へと打って出る。 狙うのはーー最強の精霊騎士の座。 ※ファンタジーものです。恋愛要素あります。悪役令嬢ではないですが、ゲームの悪役に転生します。 小説家になろう様、カクヨム様でも同じタイトルで掲載させていただいています。
文字数 295,391 最終更新日 2024.02.23 登録日 2023.12.10
20 stay
恋愛 完結 短編
 あれ?    何で私が悪役令嬢に転生してるの?  えっ!   しかも、断罪後に思い出したって、私の人生、すでに終わってるじゃん!  国外追放かぁ。  娼館送りや、公開処刑とかじゃなくて良かったけど、これからどうしよう……。  そう思ってた私の前に精霊達が現れて……。  愛し子って、私が!?  普通はヒロインの役目じゃないの!?  
文字数 96,296 最終更新日 2024.02.09 登録日 2024.01.12
21 stay
恋愛 完結 長編
リィン・マファリラーナは、世界でも珍しいスキルを持っている。 それは自分への好感度が、相手の頭上に数字として表れるというものだ。 そんな彼女の契約結婚相手、アルフ・ルゼルファイド公爵の数字は、最低値である0を示していた。 つまり、めちゃくちゃ嫌われているということになる。 だが、リィンは気にしなかった。 この契約結婚によって、自分を虐げてきた家族の元を離れられるのが嬉しかったのだ。 しかも、基本的には自由に過ごしていいという優遇っぷり。 (契約結婚、なんて最高なのよ!) しかし、アルフの一人娘であるイリアと絡んだことがきっかけで、アルフとの関係が変わっていく。 誤字脱字報告ありがとうございます。本当に助かります!
文字数 64,551 最終更新日 2024.02.18 登録日 2024.01.27
22 up
恋愛 連載中 短編
ブレメンス王国で、聖女の役割を幼い頃から担ってきたソフィア=トリプレート公爵令嬢。 彼女はある日、舞踏会の最中で呼び出され、婚約者と実の妹に『要らない物』と宣言された。それだけじゃない。第二王子の婚約者という立場も、聖女の立場も彼女は寄越せと言うのだ。 しかし、ソフィアの心の中は傷つくでもなく、抵抗の一つも見せなかった。なにせ彼女の出会いはソフィアにとっては願ったり叶ったりだったのだ。 そして内心では喜び勇んで、生まれ育ったクソみたいな国――地獄を出て行くのだった。 ****** ・書き方の変更のため、再稿。3人称から1人称になっています。
文字数 53,712 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.17
23 down
恋愛 連載中 長編 R18
フォルテナは事故で突然亡くなった婚約者の代わりに彼の弟と婚姻を結ぶことになった。 一度も交流せずに結婚した彼はフォルテナが気に食わないのか婚姻後も一度も会話をしてくれたことはない。 いつも嬉しそうにフォルテナの夫であるクロードの話をするメイドのハーネットは一時期クロードとお揃いの指輪を身に着けていた。 きっとこの結婚は二人の恋の隠れ蓑になっているのよね。 おっとりのんびりしたフォルテナはハーネットの嫌がらせにも気付かず毎日呑気に幸せです! そんな彼女が夫とすれ違いの末に溺愛に気付いて幸せになる話♡新しいヒーローは出てきません。ハッピーエンド後半若干性描写が女性優位に ※ムーンライトさんにも投稿しています。 表紙?は読者様からいただいたイラストでございます🤗✨かわゆい♡
文字数 107,701 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.30
24 stay
恋愛 連載中 長編
フィリア・マグシフォンは子爵令嬢らしからぬのんびりやの自由人。自然の中でぐうたらすることと、美味しいものを食べることが大好きな恋を知らないお子様。 そんな彼女も18歳となり、強烈な母親に婚約相手を選べと毎日のようにせっつかれるが、選び方など分からない。 「どちらにしようかな、天の神様の言う通り。はい、決めた!」 こんな具合に決めた相手が、なんと偶然にもフィリアより先に結婚の申し込みをしてきたのだ。相手は王都から遠く離れた場所に膨大な領地を有する辺境伯の一人息子で、顔を合わせる前からフィリアに「これは白い結婚だ」と失礼な手紙を送りつけてくる癖者。 けれど、彼女にとってはこの上ない条件の相手だった。 「白い結婚?王都から離れた田舎?全部全部、最高だわ!」 夫となるオズベルトにはある秘密があり、それゆえ女性不信で態度も酷い。しかも彼は「結婚相手はサイコロで適当に決めただけ」と、面と向かってフィリアに言い放つが。 「まぁ、偶然!私も、そんな感じで選びました!」 彼女には、まったく通用しなかった。 「なぁ、フィリア。僕は君をもっと知りたいと……」 「好きなお肉の種類ですか?やっぱり牛でしょうか!」 「い、いや。そうではなく……」 呆気なくフィリアに初恋(?)をしてしまった拗らせ男は、鈍感な妻に不器用ながらも愛を伝えるが、彼女はそんなことは夢にも思わず。 ──旦那様が真実の愛を見つけたらさくっと離婚すればいい。それまでは田舎ライフをエンジョイするのよ! と、呑気に蟻の巣をつついて暮らしているのだった。 ※他サイトにも掲載中。
文字数 107,562 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.31
25 up
恋愛 連載中 長編
人を踏みつけた者には相応の報いを。 伯爵令嬢のアリシアは半年後に結婚する予定だった。 公爵家次男の婚約者、ルーカスと両思いで一緒になれるのを楽しみにしていたのに。 ルーカスにとって腹違いの兄、ニコラオスの突然の死が全てを狂わせていく。 義母の願う血筋の継承。 ニコラオスの婚約者、フォティアからの横槍。 公爵家を継ぐ義務に縛られるルーカス。 フォティアのお腹にはニコラオスの子供が宿っており、正統なる後継者を望む義母はルーカスとアリシアの婚約を破棄させ、フォティアと婚約させようとする。 そんな中アリシアのお腹にもまた小さな命が。 アリシアとルーカスの思いとは裏腹に2人は周りの思惑に振り回されていく。 何があってもこの子を守らなければ。 大切なあなたとの未来を夢見たいのに許されない。 ならば私は去りましょう。 たとえあなたに選ばれなくても。 私は私の人生を歩んでいく。 これは普通の伯爵令嬢と訳あり公爵令息の、想いが報われるまでの物語。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 誤字を教えてくださる方、ありがとうございます。 読み返してから投稿しているのですが、見落としていることがあるのでとても助かります。
文字数 119,028 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.18
26 down
恋愛 完結 短編
※02/13 本編最終話、ヒーロー視点の二話を修正して再投稿しています。 合わせてタイトルも変更しています。 塔の上から何者かに突き落とされて死んだミランダ。 目が覚めると、子供の頃に戻っていた。 人生をやり直せると分かった時、ミランダの心に浮かんだのは、子供時代の苦い思い出だった。 父親の言うことに従い、いい子でいようと努力した結果、周囲は敵だらけで、誰かに殺されてしまった。 二度目の人生では、父や継母に反抗して、自分の好きなように生きると決意する。 一度目の人生で、自分を突き落としたのは誰なのか。 死の運命から逃れて、幸せになることはできるのか。 執愛の色に染まる時、全てが明らかに…… ※なろうで公開していた短編(現在削除済み)を修正して、新たにお話を加えて連載形式にしました。 プロローグ 本編12話 エピローグ(ヒーロー視点一話)
文字数 60,750 最終更新日 2024.02.12 登録日 2024.01.31
27 stay
恋愛 連載中 長編
 姉が失踪した。それは結婚式当日の朝のことだった。  残された私は家族のため、ひいては祖国のため、姉の婚約者と結婚した。    サイズの合わない純白のドレスを身に纏い、すまないと啜り泣く父に手を引かれ、困惑と同情と侮蔑の視線が交差するバージンロードを歩き、彼の手を取る。  誰が見ても哀れで、惨めで、不幸な結婚。  けれど私の心は晴れやかだった。  だって、ずっと片思いを続けていた人の隣に立てるのだから。  ーーーーーそう、だから私は、誰がなんと言おうと、シアワセだ。
文字数 143,426 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.30
28 stay
恋愛 連載中 長編 R18
 ブラック企業を飛び出すように退職した日菜(ヒナ)は、家で一人祝杯を上げていた――はずなのに。  不意に落ちたペンダントトップへと手を伸ばし、気がつけばまったく見知らぬ場所にいた。  周囲を取り巻く巨大なぬいぐるみたち。  巨大化したペンダントトップ。  あれ?  もしかして私、ちっちゃくなっちゃった――!?  ……なーんてね。夢でしょ、夢!  と思って過ごしていたものの、一向に目が覚める気配はなく。  空腹感も尿意もある異様にリアルな夢のなか、鬼のような形相の家主から隠れてドールハウスで暮らしてみたり、仮眠中の家主にこっそりと触れてみたり。  姿を見られたが最後、可愛いもの好きの家主からの溺愛が止まりません……!? ■一話 800~1000文字ほど。完結まで毎日投稿します【完結保証】 ■濡れ場は後半、※マーク付き ■ご感想いただけるととっても嬉しいです( *´艸`)
文字数 136,958 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.27
29 stay
恋愛 完結 長編 R18
◆鈍感で優柔不断なヘタレヒーローx高慢で強情な高嶺の花ヒロイン。立場に縛られた未熟な二人が幸せになるまでのお話です◆ 幼い頃から王妃になるべく教育を受け、王太子妃になる予定だった公爵令嬢のイリス。 聖女と呼ばれる、異世界から来た女性に王太子妃の座が渡されることとなり、突然婚約解消された。今度はヴェルディア領の次期公爵、ノア・ヴァンデンブルクと結婚することになったが、彼が従妹のアンナに懸想しているのは社交界では有名な話である。 初夜、夫はイリスをベッドに誘わず、少し話をしようと持ちかけた。白い結婚を望まれるのだろうかと推測していたが、ノアはイリスの手を取って、彼女を愛するつもりだと告げた。 ※他サイトにも掲載中
文字数 266,152 最終更新日 2024.02.11 登録日 2024.01.16
30 stay
恋愛 完結 短編 R18
ここは魔法が使える世界。公爵家令嬢マルティナは眉目秀麗の完璧な王太子ハビエルと婚約していた。魔力の少ないマルティナがハビエルの婚約者になったのは、他に家格の合う同年代の御令嬢がいなかったから。周囲からは『王太子の婚約者として相応しくない』と悪口を言われていた。 ハビエルは常に優しかった。だけど、本音はマルティナが好みではないようで……? ついに素直で可愛い留学生の下級貴族ビビアナに心惹かれ、浮気をしてしまうハビエル。 「殿下、私はもうあなた様の顔も見たくありません」 マルティナとハビエルの運命は⁉︎ ★番外編を2/6〜から追加しています。秘密のデート編をどうしても書きたくなりました。 ※どんな形であれ最後はハッピーエンドにします。 ※小説家になろうに一話完結で掲載したものを、加筆して掲載しています。 ※R18部分には念のため印をつけています。苦手な方はご遠慮ください(話の後半にしかありませんのでご了承ください) 恋愛小説大賞応募しています。 応援していただけると、とても嬉しいです。
文字数 61,009 最終更新日 2024.02.09 登録日 2024.01.20
31 stay
恋愛 連載中 短編
ミレイユの婚約者、オルドリッジ子爵家の長男クレマンは、子供の頃から仲の良い妹のような存在の従妹パトリシアをいつも優先する。 婚約者ミレイユとの約束を破ってまで、クレマンが従妹を優先するため、学園内でクレマンと従妹の浮気疑惑がうわさになる。 腹をたてたミレイユはクレマンと話し合うが、そこに従妹パトリシアが乱入し……    ※ざまぁ系のお話ではありません。ご注意を😓   まぎらわしくてすみません。
文字数 64,768 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.27
32 stay
恋愛 連載中 長編 R15
【あらすじ】6歳になると受けさせられる魔力測定で、微弱の初級魔法しか使えないと判定された子爵令嬢のロナリアは、魔法学園に入学出来ない事で落胆していた。すると母レナリアが気分転換にと、自分の親友宅へとロナリアを連れ出す。そこで出会った同年齢の伯爵家三男リュカスも魔法が使えないという判定を受け、酷く落ち込んでいた。そんな似た境遇の二人はお互いを慰め合っていると、ひょんなことからロナリアと接している時だけ、リュカスが上級魔法限定で使える事が分かり、二人は翌年7歳になると一緒に王立魔法学園に通える事となる。この物語は、そんな二人が手を繋ぎながら成長していくお話。 ※魔法設定有りですが、対人で使用する展開はございません。ですが魔獣にぶっ放してる時があります。 ★本編16話は完結済み★ 2/19まで読切の番外編を毎日一話ずつ10時半頃に更新していきます。
文字数 209,134 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.26
33 up
恋愛 連載中 長編 R18
 パン屋の看板娘、リゼットには秘密がある。  幼い頃から、壁や物を『透視』する能力があったのだ。  そんなリゼットが淡い恋心を寄せるのは、常連客の騎士ヨルグ。  毎日お店で顔を合わせ、ほんの少しおしゃべりをして。それだけで十分満たされているはずだった。  ――そう、彼が向かいの家に引っ越してくるまでは。 「間に合ったみたいね」  リゼットが見つめる先、通りを挟んだ向かいにあるのはきっちりとカーテンの引かれた一室。  その内側で繰り広げられる光景は、本来なら誰も目にすることのない密事。  隙間から漏れる家灯りしか見えないはずの宵闇で、リゼットは今日も禁断の趣味に興じる――。 ■一話 800~1000文字ほど。2月中は毎日更新。 ■ヒーローの自慰が好きな方、寄ってらっしゃい見てらっしゃい(本作は純愛です ■濡れ場は※マーク付き ■ご感想いただけるととっても嬉しいです☆
文字数 92,645 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.27
34 down
恋愛 完結 長編
ローズが結婚して3年目の結婚記念日、旦那様が事故に遭い5年間の記憶を失ってしまったらしい。 まぁ、大変ですわね。でも利き手が無事でよかったわ!こちらにサインを。 離婚届?なぜ?!大慌てする旦那様。 今更何をいっているのかしら。そうね、記憶がないんだったわ。 夫婦関係は冷めきっていた。3歳年上のキリアンは婚約時代から無口で冷たかったが、結婚したら変わるはずと期待した。しかし、初夜に言われたのは「お前を抱くのは無理だ」の一言。理由を聞いても黙って部屋を出ていってしまった。 それでもいつかは打ち解けられると期待し、様々な努力をし続けたがまったく実を結ばなかった。 お義母様には跡継ぎはまだか、石女かと嫌味を言われ、社交会でも旦那様に冷たくされる可哀想な妻と面白可笑しく噂され蔑まれる日々。なぜ私はこんな扱いを受けなくてはいけないの?耐えに耐えて3年。やっと白い結婚が成立して離婚できる!と喜んでいたのに…… なんでもいいから旦那様、離婚してくださいませ!
文字数 115,763 最終更新日 2024.02.08 登録日 2023.12.10
35 up
恋愛 連載中 長編 R18
「俺は、おまえ以外の女も抱くから」 初夜のあと、アンニーナは夫であるラウリからそう告げられた。二年後、ラウリの浮気癖は相変わらず、アンニーナは夫の愛人に蔑まれ憂欝な日々を送っていた。そんななか、ラウリが若きクルマラ伯爵エサイアスに新たに仕えることとなり。 寝取り好き男が、逆に妻を寝取られてしまう話
文字数 83,933 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.26
36 down
恋愛 連載中 長編
第17回恋愛小説大賞参加中です! ポチっと投票していただけると嬉しいです(*´ω`*) 運命の恋に出会ったセレーネ。 けれどもその相手は決まったばかりの婚約者の父親。 婚約者の両親は社交界でも有名なおしどり夫婦で、セレーネは不毛な恋だとすぐに理解するも、共に過ごす時間を重ねるほどに恋心は色濃く心に刻まれていく。 親が勝手に決めた婚約に納得のいかない婚約者に冷遇されながらも、結婚さえしてしまえば恋する相手と一緒に暮らすことが出来るのだから頑張れると、勉強にも社交にも一生懸命取り組み評価を確実に得ていく。 一方、そんなセレーネをどんどん疎ましく思って言っている婚約者は、学園に入学して恋する相手を見つけ、周囲の目をはばからずにいちゃつくようになった。 そんなものは気にしないと言いながらも、周囲からの視線や感情にセレーネの心は疲弊していく。 心の支えは婚約者の父親との2人きりの勉強の時間。そして婚約者の母親とのおしゃべりの時間。 けれどもその心の支えは、ある日突然失われてしまう事になった――――――。
文字数 136,310 最終更新日 2024.02.12 登録日 2024.01.31
37 down
恋愛 完結 長編 R18
伯爵家令嬢のクリスティンは王命で、ある男に嫁ぐことになった。その相手は十歳も年上でまともに話したこともない『鬼』と恐れられている辺境伯エルベルトだった。 向こうが私を望んだと聞いたけれど、怖い顔で睨まれるし無視される。夫婦生活もなく……愛されているとは思えないので別れたい。 しかし、彼は私に伝えたいことがあるようで!? 二人がすれ違いながらも、少しずつ本物の夫婦になっていくお話です。 ハッピーエンド、完結は確約します。 ※念のためR-18設定にしています。物語後半のみですので、ご了承ください。 ★恋愛小説大賞に応募しております。応援していただけると嬉しいです。
文字数 94,952 最終更新日 2024.02.17 登録日 2024.01.31
38 stay
恋愛 連載中 長編
ユフィリア・マーマレード伯爵令嬢は、婚約者であるルードヴィッヒ・コンフィチュール辺境伯と無事に結婚式を挙げ、コンフィチュール伯爵夫人となったはずであった。 しかし、ユフィリアの夫となったルードヴィッヒはユフィリアと結婚する前から離れの屋敷に愛人を住まわせていたことが使用人たちの口から知らされた。 ルードヴィッヒはユフィリアには目もくれず、離れの屋敷で毎日過ごすばかり。結婚したというのにユフィリアはルードヴィッヒと簡単な挨拶は交わしてもちゃんとした言葉を交わすことはなかった。 ユフィリアは決意するのであった。 ルードヴィッヒが愛人を離れに囲うなら、自分は前々からお迎えしたかった猫様を自室に迎えて愛でると。 だが、ユフィリアの決意をルードヴィッヒに伝えると思いもよらぬ事態に……。
文字数 45,736 最終更新日 2024.02.23 登録日 2024.01.31
39 stay
恋愛 完結 長編 R18
ニナはブルーリングス王国の純粋な血筋を正当に受け継いできた姫です。白銀の髪に宝石のようなブルーアイを持っています。妹のリリーはニクス王国の色を持ち、ニナの物を欲しがる癖がありました。 「お姉様の物は私の物よ」と口にする。 ニナの結婚した旦那様と不倫をしていました。それが分かったのは、結婚一年目の記念日でした。 妹の不倫を両親に認めさせるために、翌日、旦那様の後を尾行して、妹と抱き合っている場面を発見します。 ニナは自分の物を欲しがるリリーが嫌いでした。 リリーから離れる為に、看護師資格を取り、戦争が起きている辺境区に旅立つことにしました。辺境区に到着するとレイン辺境伯、その昔、国を滅亡されて生き残ったブルーリングス王国の血筋を持つ者に求婚されました。 ニナもブルーリングス王国の正当な王族の色を持つ身。 レイン辺境伯は、第二の父からニクス王国の片鱗、辺境区を平和な地区にして、ブルーリングス王国の建立を目指しておりました。 ニナはレイン辺境伯の熱烈な求婚に、惹かれていきます。 辺境区を平和な国にして、新たなブルーリングス王国を造り上げるラブストーリーです。エッチ場面がある章には♡マークついていますが、ソフトな18禁です。 出来上がっているので、ゆっくり上げていきます。 恋愛大賞に応募します。よろしくお願いします。 お話は大まかに三部構成でできています。どれも面白く作っていますが、お勧めは三部です。楽しんで頂けますように♡
文字数 263,412 最終更新日 2024.02.22 登録日 2023.12.24
40 stay
恋愛 連載中 長編 R15
「王家の念願は今度こそ叶うのか!?」とまで言われるビルワーツ侯爵家令嬢との婚約ですが、毎回婚約破棄してきたのは王家から。  政より自分達の欲を優先して国を傾けて、その度に王命で『婚約』を申しつけてくる。その挙句、大勢の前で『婚約破棄だ!』と叫ぶ愚か者達にはもううんざり。  ビルワーツ侯爵家の資産を手に入れたい者達に翻弄されるのは、もうおしまいにいたしましょう。  地獄のような人生から巻き戻ったと気付き、新たなスタートを切ったエレーナは⋯⋯幸せを掴むために全ての力を振り絞ります。  全てを捨てるのか、それとも叩き壊すのか⋯⋯。  祖父、母、エレーナ⋯⋯三世代続いた王家とビルワーツ侯爵家の争いは、今回で終止符を打ってみせます。 ーーーーーー ゆるふわの中世ヨーロッパ、幻の国の設定です。 完結迄予約投稿済。 R15は念の為・・
文字数 245,956 最終更新日 2024.02.15 登録日 2024.01.30
2,625 12345