雪那 由多

雪那 由多

な〇うでも同じ名前で仮死状態ですが生存してます。
2
BL 連載中 長編 R18
平民上がりのシーヴォラ隊隊長ラグナー・シーヴォラは誰もが振り返る美貌の騎士団の隊長。 隊長職を得てもうすぐ一年を迎えようとする出世頭の部署に一般公募で事務官になったごく平凡なヴォーグ・ミューラによる書類の提出によってシーヴォラ隊の危機を知る事になった。 あまりの内容におおっぴらに出来ない事件にこの危機を知るヴォーグを自分専用の補佐官に任命して困難を乗り越えて行くのだが…… ヴォーグ:実は家の事情で家出中なのです。 ラグナー:だったらとりあえず俺と結婚しよう! ヴォーグ:は??? 剣を突きつけられて無理やり婚姻届を書かされて晴れて夫婦となった二人に困惑する隊員、友人、上司達。 無事円満離婚を目指してラグナーとヴォーグは今日も男同士の夫婦生活とは何ぞやと語り合うかどうかは神のみぞ知る。
24hポイント 3,508pt
小説 395 位 / 57,702件 BL 50 位 / 4,781件
文字数 502,819 最終更新日 2019.10.21 登録日 2019.05.10
恋愛 連載中 長編
名ばかりの侯爵家の令嬢アリアーネ・フェリウ・クレヴィングは今年16歳を迎える事になり社交界デビューをする事になった。 このリンヴェル国では社交界のデビューは王と王妃が主催となり、パートナーは王と王妃によっての指名となり、引きこもりがちになる令息令嬢を引っ張りだす口実と出会いの場でもあった。 婚約者すらいない田舎の侯爵令嬢のパートナーとなったのは生粋の都会育ちでセルグラード侯爵家の三男ラウイール・セルグラード様。 王都の屋敷で暮す事になる私にはぴったりの物件なのだが、パートナーと決まった時にいちど顔合わせした時のあの田舎者を見る目にまずそんな事は無理だなと判断したのはそれだけ田舎臭さが抜けない私のせいだろうと言うか、羊の毛を刈ってる時に約束の時間を破っての訪問は思わずその頭も刈ってやろうかと心の中で毒づいたのは内緒の話。 だからそんなパートナーと上手くデビューが出来るなんて考えても無ければ突然の来訪者の登場。 そのまま王と王妃の御膳へと飛び込み参加する事になり…… それから巡る私は運命と言う物があるのならばそれは流星のような物語と言う物だと後の人は語った。
24hポイント 85pt
小説 5,958 位 / 57,702件 恋愛 2,264 位 / 13,780件
文字数 146,106 最終更新日 2019.06.09 登録日 2019.02.28
2