私の騎士との日常は

 ファイナス・ハウザーは齢十七にして両親の他界によりハウザー公爵家を継ぎ三年が過ぎた。

 その若さと美貌で圧倒的な人気を誇るファイナスだが寡黙な護衛騎士オリバー・ランドが常にその傍にあった。

 ファナスの護衛騎士は騎士団団長にも候補に上がった美丈夫で剣の腕は国一番の天才と言われた逸材だった。
 鍛え上げられた肉体、無口な堅物だが不意に見せる微笑み。婦女子だけではなくともうっとりと見つめてしまう忠実な騎士はのは俺だけの騎士だ。
24hポイント 42pt
小説 18,114 位 / 140,708件 BL 3,609 位 / 15,905件