東 万里央(あずま まりお)

東万里央 (ユーザ名:東 万里央(あずま まりお))

TLとライト文芸書いている兼業物書き。アルファポリス含めて本何冊か出版しています。猫とカピバラが好きです。作品には一途で優しいヒーローが多いです。

著者プロフィール

2017年、「天使と悪魔の契約結婚」で出版デビュー。以降、幅広いジャンルで活躍中。2018年、アルファポリス「第一回ほっこり・じんわり大賞」に参加した「死に神のレストラン」が最終選考で高く評価され、改稿のうえ出版に至った。読書と英会話学習が趣味。日々、英会話の習熟を目指している。
3
アルファポリス
あなたの心の思い出の一皿

死に神のレストラン

あなたの心の思い出の一皿

あの世とこの世の境に存在するレストラン。そこには、この世に未練を残した死者の魂が集まってくる。時の流れのない静かな空間で自分の人生を見つめ直し、そして最期の一皿を注文するのだ。後悔の苦味と情愛の甘さが織り成す、珠玉の短編集――

■単行本 ■定価1200円 + 税 ■2019年12月09日発行
レジーナブックス
最愛の人は偽りの旦那様

天使と悪魔の契約結婚2

最愛の人は偽りの旦那様!

訳ありらしい公爵、グリフィンと二年間の約束で契約結婚をしているセラフィナ。彼女は、偽りの結婚生活のなかで、意外にも誠実な夫であるグリフィンを好きになっていった。「このまま何も言わずに終わらせてしまっていいのだろうか――」悩みつつも何もできないまま、契約の終了は迫る。そんななか、仕事で隣国に行ってたグリフィンが突然、失踪してしまう。彼を探しに隣国に渡るセラフィナだが、そこでグリフィンの抱える問題を知り――。虚構の結婚から始まる真実の愛の物語、完結。

■単行本 ■定価1200円 + 税 ■2018年10月05日発行
レジーナブックス
偽りの妻をお勤めします。

天使と悪魔の契約結婚

偽りの妻として、お勤めします。

家族に疎まれ、婚約者に裏切られた、子爵令嬢のセラフィナ。彼女は家を離れ、遠い町で平穏に暮らしていたが、ある日、実家の手の者に見つかってしまう……! セラフィナを助けてくれたのは、突然現れた公爵・グリフィンだった。彼は、「契約結婚を申し込むために君を探していた」と言う。セラフィナは、二年間の契約が終わったら再び自由に暮らすことを条件に、結婚を受け入れることに。こうして始まった公爵夫人生活の中で、彼の誕生日をお祝いしたり、新婚旅行に出かけたりして、彼の優しくて誠実な人柄を知っていく。気がつくと、セラフィナはグリフィンを男性として意識するようになり――

■単行本 ■定価1200円 + 税 ■2017年12月04日発行
3