森野きの子

森野きの子

小説家になろうでのせていたものを持ってきました。 現実逃避のため、ばぶみ(バブルってる方)の強いシンデレラストーリー過多。 現代ものもパラレルワールドと思って読んでください。リアリティはログアウト

著者プロフィール

福岡県出身。
2006年よりWeb上で小説を発表し、
2019年、「私はあなたに食べられたいの。」
にて出版デビューに至る。
趣味はドライブ。音楽と素敵なものが好き。
1
エタニティ・赤
一夜から始まる運命の恋!

私はあなたに食べられたいの。

一夜から始まる、運命の恋!

恋人に振られてから三年、気が付けばさっぱり恋愛に縁のない生活をしていた百合佳。けれど高校の同級生の結婚式に参列した日の帰り道、ひとりやさぐれてバーで飲んでいると 端整な顔立ちに野性的な雰囲気を持つ、彼女の理想を体現したような男性と出会う。なりゆきでその彼と一夜をともにし、それは甘く情熱的なひとときを過ごすが、本来、彼は百合佳のような一般人が出会えるはずのない人物で……刹那的な密夜から始まる、スパイシーロマンス!

■単行本 ■定価1200円 + 税 ■2020年01月31日発行
1