1
 転移先で魔王を倒し、俺はあっさりと異世界の頂点を極めた。ところからこの話は始まる。  そのまま可愛い女の子たちに囲まれて幸せに余生を暮らすつもりだったのだが、魔王討伐の報酬には異世界間を自由に転移往復できるマジックアイテムがあった。手始めに元居た世界との超不平等交易で、俺は全てを吸い上げ力を蓄え始める。  魔法に耐性が無い元居た世界からは、魔法を使い資源・人材を吸い上げる。魔法以外は苦手な異世界では、工業を使い領主として繁栄する。そうやって価値観差を利用し、時に容赦なく、時に女性に甘く、ありとあらゆる異世界を俺は征服していく。 <転移珠:マジックアイテム> ・これは第二、第三の異世界に自由に転移できるアイテムです。 ・今の『強さ』のままに、何度でもノーリスクで行き来することが出来ます。 ・使用者を登録するとこで永遠にその者のみにアクセス権を限定できます。 ・転移する際に装備品、所持品を持ち込むことが出来ます。質量に制限はありません。 ・転移時は肉体が完全に健康な状態で再構成されます。 ・転移元から任意の人物をこちらに呼び寄せることができます。 etc、etc… ―― この物語では、寄り道をしても挫折はしません。 三日に一回投稿。 第五章まで完結済み。第六章連載中。 改題、および第五章までの文章改訂。'19/4
24hポイント 94pt
小説 417 位 / 19,044件 ファンタジー 214 位 / 7,276件
1