かんのあかね

かんのあかね

キャラ文芸、ライト文芸、現代ファンタジー、日常ファンタジーを中心に書いております。恋愛要素もあります。

著者プロフィール

福島県在住、執筆しつつのんびりとした生活を目指して日々過ごしている。好きな食べ物は苺とちくわ。
1
アルファポリス文庫
恋とごはんの連作短編集

柊木さんちの絆ごはん

若いふたりを結ぶのは、祖母が遺したレシピ帖

『受け継ぐものに贈ります』。柊木すみかが、そう書かれたレシピ帖を見つけたのは、大学入学を機に、亡き祖父母の家で一人暮らしを始めてすぐの頃。料理初心者の彼女だけれど、祖母が遺したレシピをもとにごはんを作るうちに、周囲には次第に、たくさんの人と笑顔が集まるようになって――。「ちらし寿司と団欒」、「笑顔になれるロール白菜」、「パイナップルきんとんの甘い罠」など、季節に寄り添う食事と日々の暮らしを綴った連作短編集。

■文庫本 ■定価640円 + 税 ■2020年03月31日発行
1