つくも茄子

つくも茄子

気まぐれな執筆作業をおこなっています。 作品完結を目指しています。

著者プロフィール

2022年、アルファポリス第15回ファンタジー小説大賞にて「元婚約者であって家族ではありません。もう赤の他人なんですよ?」が奨励賞を受賞。2024年、「政略より愛を選んだ結婚。 ~後悔は十年後にやってきた。~」にて出版デビューに至る。
1
レジーナブックス
婚約破棄は破滅の始まり

政略より愛を選んだ結婚。

~後悔は十年後にやってきた。~

婚約破棄は破滅の始まり!

完璧な女性と称えられる侯爵令嬢との婚約を解消し、恋した下級貴族の娘と結婚した王太子。侯爵令嬢に「どうぞ愛する方と末永く幸せに」と言われた彼は、愛の力で全てを乗り越え、幸せな未来を手に入れられると信じていた。ところが、そうまでして得た妻は教養、品など、王太子妃として求められるものを何一つ身につけてくれず、次々に問題を起こす。そのせいで、王太子夫婦は次第に周囲から冷ややかな目で見られるようになっていった。一方、別れた侯爵令嬢はすぐに有力な公爵と結婚。公爵夫人として夫を支え、ますます輝いていく。王太子妃よりも彼女こそが王族らしいと、臣下にも国民にも言われ続け――!?

■単行本 ■定価1,430円(10%税込) ■2024年06月05日発行
1