白石らい

白石らい

よろしくおねがいしますく(`・ω・´)
1
 一年前の事件によって、薫と美緒はひどく傷ついた。画面の割れたスマートフォンのように、表側だけ取り替えて、何事もなかったかのように生きてきた。それはまるで、『世界の端』に取り残されたかのような日々で。  ――そうして訪れた約束の日に、誰かの歌が聞こえた。その声が、薫を呼んだ。  見知らぬ世界の中心で、叫ばれる愛に獣が応える。叶えられなかった約束があって、失われてしまった想いがあった。双子星の片割れが消えたら、もう片方はどうなるのだろう。薫はたたかう。たたかうことで、未来が開くと信じて――
24hポイント 0pt
小説 18,835 位 / 18,835件 ファンタジー 7,389 位 / 7,389件
登録日 2018.12.03
1