犬咲

犬咲

はじめまして。 人外×少女・女性・人外が大好きです。

著者プロフィール

2014年10月よりWebにて小説執筆を開始。2021年『だが、顔がいい。』にて出版デビューに至る。趣味は散歩と読書な愛犬家。
1
ノーチェブックス
美形男子は全て許される

だが、顔がいい。

犬咲 /
美形男子、それは全てが許される存在…

公爵令嬢・ソレイユの婚約者・ルイス王子は、国の第一王子でありながら、怠け者でダメな男である。たった一つの取り柄・美しい顔を利用して婚約者を蔑ろにし、ご婦人たちの間を飛び回っていた彼だったが、ある日、媚薬と間違えてソレイユに毒を盛ってしまう。さすがに、今度こそは「婚約破棄か!?」と思われたもののソレイユは彼を許した。なぜなら、彼女は極度の顔フェチで、ルイスの「顔」を心底愛していたのだ。そんな婚約者の寛大さに、「真実の愛」を感じたルイスは ソレイユを溺愛するようになり、次々と斜め上の態度で彼女に迫って――!? 顔がよければすべてを許せる超メンクイ令嬢と顔がよいだけですべてがダメな王子のコミカルラブ!

■単行本 ■定価1,320円(10%税込) ■2021年02月25日発行
1