• Webコンテンツ
  • 近況ボード
  • 書籍
    2
  • メルマガ

大岩俊之

著者プロフィール

理系出身で、最新のエレクトロニクスを愛する元営業マン。
大学卒業後、電子部品メーカー、半導体商社など4社で法人営業を経験。いずれの会社でも、必ず前年比150%以上の営業数字を達成。200人中1位の売上実績を持つ。
独立起業を目指すなか、「成功者はみな読書家」というフレーズを見つけ、年間300冊以上の本を読むようになる。独立起業後、読書法やマインドマップ、記憶術などの能力開発セミナー講師をしながら、法人営業、営業同行、コミュニケーション、コーチングなどの研修講師として7,000人以上に指導してきた実績を持つ。年間200日以上登壇する人気講師として活躍している。
主な著書に、『格差社会を生き延びる“読書”という最大の武器』(アルファポリス)、『読書が「知識」と「行動」に変わる本』(明日香出版社)、『年収を上げる読書術』(大和書房)、『1年目からうまくいく! セミナー講師超入門』(実務教育出版)などがある。

2
アルファポリス
基礎を学んで営業力アップ

口下手でもトップになれる営業術

知っているようで知らなかった、「トーク」よりも大切な営業の基礎

営業初心者でもトップになれる「基本」と「基礎」のスキルを網羅!

アルファポリスビジネスの人気Web連載「入社1年目の営業スキル」を書籍化。「上手く話せない」「説得できない」「物が売れない」など、自身の営業スキルに不安を持つ読者をターゲットとし、営業を基礎から学ぶことで、口下手な営業マンでもトップセールスを叩き出す人材に昇華させるスキルを27のテーマで解説。「私も自分に自信がない営業マンだった」と語る著者は、いかにしてトップセールスマンにのぼりつめたのか、実体験に基づいたノウハウをわかりやすく5章立てで展開する。

■単行本 ■定価1300円 + 税 ■2018年02月28日発行
アルファポリス
現代を生き抜く指南書

格差社会を生き延びる〝読書〟という最強の武器

人生の目的を持って読書する習慣をつける手引き

読書で得た経験と教養こそ生き残る術

現代社会で本当に必要とされる人間になるためには、実は「読書」が不可欠。というのも、読書をすることで「知識」と「教養」を得ることができ、これが昨今の格差社会で生き残るために最も大切な要素だからだと著者はいう。本書では「成功者はみな読者家である」というテーマを軸に、読書が持つ魅力と、その読書で得たものを確実に自身の力に変える具体的な読書術も深く解説する。

■単行本 ■定価1500円 + 税 ■2016年09月30日発行
2