ぷんにゃご@文野さと

ぷんにゃご@文野さと (著者名:文野さと)

作ることなんでも好きです。「灰色のマリエ」「シャドウ・ガール」「閣下、この恋はお仕事ですか?」「ノヴァゼムーリャの領主」「あの日、茜色の君に恋をした」と言う本を出版しています。

最後の魔女は最強の戦士を守りたい! 完結!

完結しました。

この物語はツィッターの短い呟きから発展して、長編になった作品です。
しかし、大したプロットもないまま発信したことで、出だしからつまづいてしまい、前半で二ヶ月ほど休載し、一から練り直しました。
ギディオンは最初もっと冷徹な男だったのです。彼は序盤では真面目なだけで、本当に中身のない男です。
自分の望みや、やりたいことが見つからないまま、最前線を退いて王子の推薦で近衛に入り、忠義だけでフェリアを守っていました。
それがザザに出会って、ひたすら自分を慕う小さな魔女に感化されていき、彼女を愛するようになります。
だから、そういう意味では、ザザの方が強いのです。
自分の信念を持っていますから。
まぁ、私の描く物語は大体そうですけど。

よろしければ一言、読んだよ。というお言葉をいただけたら、辺境作家の私は、とてもとても嬉しいです

今は次回作を構想中です。
まだぼんやりとしたもので、現在多忙中につき、いつから連載開始かわかりませんが、今度はしっかりしたプロットを立てて、いつかお目にかけることができたらと思います。

読者様に感謝を込めて

2020.6 文野さと 拝
登録日 2020.06.14 12:37

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

1
2020.09.08 20:10
neko

魔女ッ子ザザちゃんの健気なお話、とっても面白かったです。「自分が魔女であること」の意味をしっかり受け入れて、様々な出来事に立ち向かっていく、ある意味「賢者」のような女の子です。出会えた主(あるじ)を守りながら、心を通わせていく過程は、とても健気で愛おしいです。ぜひ、ご一読を!(カッコいい味のある姐さんも出てきますよ)

1