水

紫紺と翡翠から改名しました よろしくお願いします

とある護衛の業務日記、完結!

タイトルの通り、短編「とある護衛の業務日記」、完結いたしました。あとがきやら解説やらは最終話のあとに一本投稿しましたので、そちらをご覧くださればと思います。
見切り発車から始まった本作、一年以上かけてやっと完結までたどり着くことができました。実際、主人をけちょんけちょんにする粗雑な護衛というものを書いてみたかったのと、「禿げたらどうしてくれる」「貫禄になるぞ?」「同情と哀れみしか生まんわ」というやり取りを書きたかったのが発想の一番にありました。悔いはありません。ええ。お陰で後が続かなくて、途中ずっと放置していましたが、設定をゆっくりと練り直す余裕ができたのでよかったと思います。
作中にわかりづらいところが多々あったと思いますが、習作ということで、本作で発見した失敗や反省を次に生かしていきたいと思います。
それではこの辺りで失礼させていただきます。ありがとうございました。
コメント 0
登録日 2020.12.22 16:25

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0