春瀬由衣

春瀬由衣

きっと何もかも壮大な巨編小説のように、全ての空回りに見えた努力が収束点に向かい回り回っていくんだ。 夜空の闇は私に優しい

「第7回歴史・時代小説大賞」あと一週間です!

第7回歴史・時代小説大賞に応募しております拙作「死は悪さえも魅了する」[https://www.alphapolis.co.jp/novel/72361337/118494094]ですが、現在136位あたりをうろうろしております

一時期70位程度まで肉薄したのですが、落ちてきてしまいました……。私の力不足です。投票してくださった方、読んでくださった方には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

しかし、いまからでも遅くありません。もし新たに読んでくださった新規のお客さま、少しでもイイねと思われましたらポチッと「投票」してくださると作者としてはとても励みになります

平安後期、平清盛全盛から平家滅亡に至るまでの時代背景に、不死身の異能を持つ架空の人物がさまざまな陰謀に巻き込まれていき、自らの異能の謎に迫る物語です。

なにとぞ、応援をよろしくお願いいたします

春瀬由衣
コメント 0
登録日 2021.06.22 22:56

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0