久浄 要

久浄 要

 推理小説が大好きです。  小学生の頃から学校の図書室は宝の山でした。ドキドキ、ワクワクしながら読む、あの頃の興奮を作品を通して読者の皆様にもお届けできたらと思います。よろしくお願いします

『暁の魔術師』完結

長編小説『暁の魔術師』無事に完結しました。

後書きに代えまして、ネタバレにならない程度に創作のこぼれ話などを一つ。

実に長大な作品となってしまいましたが、この作品を書いたのは、かれこれ十年ほど前になります。当時、自分なりに青春ミステリーと呼ばれるジャンルやまだその当時は生まれたばかりのweb小説という現代的なツールに一石を投じてみたかったということ。本格ミステリーと青春ミステリーを上手く融合できないものだろうかというのが、創作の動機だったように思います。

つい先日、タミフルの未成年者への投与が国として正式に認められ、日本でも警視庁に司法取引制度が実施されるようになったのは記憶に新しいところですが、そう思うとなかなかに感慨深く、作者も年をとったものだと痛感しているところです。

名探偵、来栖要が登場するタロットシリーズと呼ばれる作品群は、長編短編を問わずに今後も定期的に続けていきたいと考えております。

まだ短編を幾つかあげていくに留まっていますが、本格ミステリーは作中での時系列に沿わない名探偵の活躍というのは長編短編を問わずに充分に可能なジャンルでもありますし、伏線も充分に張られた状態で新シリーズ『隅の麗人』シリーズが展開してもおります。

両方のシリーズが今後、どうクロスオーバーしていくのかも合わせてお楽しみ頂くのもいいかもしれませんね。

感想、評価等お待ちしております。
また次回作にて、お会いしましょう。

コメント 0
登録日 2018.06.10 15:44

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0