ぷんにゃご@文野さと

ぷんにゃご@文野さと (著者名:文野さと)

作ることなんでも好きです。「灰色のマリエ」「シャドウ・ガール」「閣下、この恋はお仕事ですか?」「ノヴァゼムーリャの領主」「あの日、茜色の君に恋をした」と言う本を出版しています。

「月下の虎は甘く冷たい指先を食む」完結しました!

完結しました!
読んでくださった皆様、応援してくださった皆様、御言葉をくださった皆様、ご評価をいただいた皆様、誤字報告してくださった皆様、ほんとうにほんとうにありがとうございます。

思えば、6月の大阪北部地震の日に、ぼんやりした構想しかなかったものを、見切り発車で連載を始めたのでした。
阪神淡路大震災を経験した私は
「人生何があるかわからん、やりたいことがあるなら、まずは始めないと!」
との思いで、勇み足気味にやっちゃったぜ〜! とう感じでした。
だから当然、苦戦した部分も多かったし、独りよがりじゃないかな?っていっつも悩んでいました。
楽して書けた章など一回もありません。

いつも申しておりますが、私はまず自分の書きたいものを書くというのがスタンスです。
流行のタグや、キーワードのことはあまり考えません。
タイトルにしてもしかり。
「月下の虎は甘く冷たい指先を食む」
というタイトルは自分では気に入っていますが、決めた時には「初見さんには、まず読まれなさそうなタイトルだなぁ」と思ったものでした。
いつもいつも、私の書くものはメジャーとは言い難いです。
でもいいのです。
久々の人外(というほどではないけれど)変身もふもふ男子をかけて私は楽しかったです!後、体に現れる紋様というのも好きな設定でした。
ティガールでっかい猫よ! 甘えん坊なのよ!
レイフェリアは見かけはクールビューティーなんだけど、割と砕けた女の子です。ジャンプはすごいけど、それ以外は割と平凡かもしれない。

ともあれ、文字通りここまで走り抜けることができました。
今はホッとしています。

今現在、私の中には次回作の構想がむくむくと育っています。
形にするまでには少しお時間をいただきますが、どうぞお待ちくださいませ。
また、2月28日には拙作「ビースト † ブラッド」が英訳されて出版されます。
こちらも是非よろしくお願いします。
私も原作と照らし合わせて、英語の勉強をしてみたいと思います。

いつも、暖かい心を送ってくださる全ての読者様に感謝の気持ちを込めて。


                      2019.1.12 文野さと


コメント 0
登録日 2019.01.12 09:32

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0