中七七三

中七七三

2014年小説書き始めた。今電書専門レーベル「イーデスブックス」主催。アルファポリス「読者賞」2回。Amazonアダルト小説で売れ筋1位記録。電書発刊70冊(2019.11現在)。

ドリーム大賞に向け実験的短編を書いてみた「必然性のある暴力で蹂躙されないとオチンチンが勃ちません」

「必然性のある暴力で蹂躙されないとオチンチンが勃ちません」
R15設定であり、その範囲を守っているつもりではあるのです。

(以下ガイドライン)
[ R-15 ]:15歳未満の方に対し、不適切な表現が含まれる作品
性的表現について
作品全体のおよそ1/5以上に性行為もしくはそれに近しい表現があるもの。
作品全体のおよそ1/5以下だが過激な性表現があるもの。
18歳未満の登場人物の性行為が書かれているもの。
暴力・残虐表現について
作品全体のおよそ1/2以上に暴力・残虐行為もしくはそれに近しい表現があるもの。
作品全体のおよそ1/5以下だが過激な暴力・残虐表現があるもの。

1/2以上に暴力描写がある場合、R15にしなさいという意味にしかとれませんので、全部暴力でもOKなのでしょうか。

1/5以下で「過激な暴力・残虐表現」は何をもって過激とするのか。
一応、市販の全年齢小説、漫画ある表現を基準にします。
性表現よりは緩いと思いますが、どうなのか分かりません。

暴力の究極は人の死です。
では、でも
「1000万人が核爆弾で死にました」とだけ、書くよりも、弱い存在、赤子や、小動物を残酷な方法で死に至らしめる描写の方が精神を削ります。
これは、共感性の問題であり、個を突き詰めた方が、個である読者への共感性が得やすいというとでしょう。
しかし、このようなことを踏まえ、行う実験は「文学的」であるという前提を満たしていると思います。
で、15歳以下は絶対に見ないでください。ですね。
コメント 0
登録日 2019.06.16 15:54

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0