ひるま

ひるま

“ひるま”です。大人数が登場する小説を書いています。分かり辛いかな?賑やかかな?捉え方はあなた次第。 アイコン画像は、SKIMAにて“まつ咲き”様に描いて頂きました。

 こんな事を考えながら書いているのは私だけじゃないと思う

 やたらと登場人物の多い物語を書いていると、キャラクターの個性を持たせるために、話口調を強調しなければならなくなります。

 当然のコトです。
 で、ないと、誰が喋っているのか?区別がつかなくなってしまいます。

 書いていると、実際にそういう混乱が生じる事も多々あったりします。

 なので。

 人知れず脳内で“声優さんの声”を充てて台詞回しを考えています。

 それでも確定しているのはベルタ、ダナ、御陵・御伽、草間・涼馬くらい。

 ちなみに、どんな声を充てているかと言うと。
 ベルタ=川澄・綾子(Fateシリーズのセイバーさん)
 ダナ=伊藤・静
 御陵・御伽=水樹奈々
 草間・涼馬=杉山紀彰(うちはサスケ)
 こんな感じです。

 肝心の主人公の鈴木くれははイメージできていません。
 バカ話でスミマセン。
コメント 0
登録日 2019.07.07 17:40

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0