かれん

青木ぬかり

文字の大きさ
上 下
34 / 34

実りの秋

しおりを挟む
しおりを挟む

この作品の感想を投稿する

みんなの感想(2件)

おだてぶた

ストーリー展開が素晴らしく、つい読入ってしまう。
そのストーリーを更に面白くしているのが、主人公の『真琴』を取り巻くキャラクターたち。
真面目なキャラからおちゃらけキャラまでさまざま。
そのキャラクターたちがそれぞれ活躍する場面もあり、サブキャラも主役級。
そんな『かれん』は読み応え抜群!
沢山の人にぜひ読んでいただきたい作品です。

紫倉 紫
2019.08.07 紫倉 紫

 とにかく面白い。  
 とにかく続きが気になる。

 この作品の主人公は、真面目な優等生タイプの女子大生「真琴」だ。
 真琴は勉強もバイトもきちんとこなす。
 彼女が……彼女だけでなく、彼女の通う大学の生徒の多くがスケジュール管理に使っている便利なアプリ『かれん』に異変が起こるところから、この物語は走り始める。
 学生たちのほとんどが、絶対人に知られたくない秘密を握られ、アプリの運営者から支配されてしまう。  運営の目的は何なのか?
 正体は誰なのか?
 真琴は、恥ずかしい秘密を守るためにアプリの指示に従いながらも、支配から解放されるためのすべを探していく。

青木ぬかり
2019.08.07 青木ぬかり

 これまで「硬い」ものばかり書いてきたので、私なりに「笑える」おはなしを書こうとしたら、ダラダラと長くなってしまいました。
 なんとか完結しましたが、作風を模索しながら書いた……。そんなかんじです。
 そんな拙作に感想をありがとうございます。