地球

風宮 雅俊

文字の大きさ
上 下
3 / 3

3:五十六億七千万年目の春

しおりを挟む
しおりを挟む

この作品の感想を投稿する

みんなの感想(1件)

伽羅香
2020.08.10 伽羅香

きっかけのあの日から 五十六億七千万年も経っているんだなぁ。
歴史は繰り返される。
次々に情景が目に浮かんで、確かにこんな未来もありえるかもと思うと現実味さえ感じてしまいます。
三部作になっていますが 視点の切り替えにもちょうどよく より深く世界に入り込むことができました。