上 下
67 / 297
第4章 愚王の成れの果て

66.力の差もわからぬ愚物ではあるまい

しおりを挟む
しおりを挟む