上 下
26 / 26
芝蘭結契 【良い影響を与える出会いと交友』

あとがき

しおりを挟む
しおりを挟む

この作品の感想を投稿する

みんなの感想(1件)

hikaruko
2020.12.17 hikaruko

緋和 ちゃんと 奏多さんが、過去に会って恋をする。
それが奏多さんが20年も待つ 恋になる。

二人がそこまでひかれあう、、、そこが、感じられなくて(>_<)(>_<)


もっと 恋をしてほしかった(笑)(笑)

離れられない!恋しい!待つ! と、
納得?行く感じがほしかったかな~~ っと、。

この作品で、
過去、現在、未来、、、、…。
どこが 過去で、どこが未来 …。

って、思いました。私たちが、勝手にそう決めて、思ってるだけ、、
なのかもしれないない、って思いました(笑)


前の作品と全く違う作品で、振り幅大きくて、驚きました。

次も期待しております!

六菖十菊
2020.12.17 六菖十菊

ありがとうございます。

これはその通り!と思う所も多々あるんですね。
ただ、緋和は自身は気づいていませんが現代のころから奏多さんが好きなのです。
そして私は男性の方が一目惚れや一途な人が多いと思っているので奏多さんが20年待てたのはソレだと思っています。
(半分10年くらいはミニ緋和が目の前にいたしね)
けれど!おっしゃる通りこの話は自分の中でも足りないのを自覚した話でした。
描いていませんが、いつか青も過去にいきますし……。
夫人シリーズは不思議を書きたくてそっち方面が疎かになってしまいますね…反省。

こうして感想を頂けると嬉しいですね。
また糧に納得のいけるものが書きたいです。
ありがとうございました☺︎