港西高校山岳部物語

小里 雪

文字の大きさ
上 下
12 / 36
第1章 四月、横浜市の西のはずれ、丹沢の見える街で物語は始まる。

12. 歓迎されたぼく。そして、山道はまだ続いている。

しおりを挟む
しおりを挟む