上 下
281 / 351
[24]白い闇、黒き陽光

ー272-:初めて逢った時から、貴女にひと目惚れでした

しおりを挟む
しおりを挟む