夕空しづく

夕空しづく

夕暮れと夜の狭間で息をしています。
3
恋愛 完結 ショートショート
君は夕方の駅のホームに、ひとりで佇んでいた。 下り列車3番線、PM5:12発。僕と君は電車を待つ間だけ、話をするようになった。しかし君は、やってくる電車には決して乗ろうとはしなかった。 ある日君は僕に言った。「友達になろう」と。 その言葉の意味を、僕は理解していなかったーー。
24hポイント 0pt
小説 19,309 位 / 19,309件 恋愛 4,790 位 / 4,790件
登録日 2020.07.12
では、あなたに問題ですーー
24hポイント 0pt
小説 19,309 位 / 19,309件 エッセイ・ノンフィクション 126 位 / 126件
登録日 2020.07.12
歩くのが辛かったから、私はパンプスを脱いだ。
24hポイント 0pt
小説 19,309 位 / 19,309件 エッセイ・ノンフィクション 126 位 / 126件
登録日 2020.07.12
3