松本 枝葉

松本 枝葉

5
 家事をしないネトゲ廃人の新妻を縛り上げ、実家に突き返したある日の朝――。  九郎は通勤途中の駅のホームで線路に投げ出され、しがみつくため電車に全力パンチ。その瞬間、光の柱によって別の惑星に拉致された。  しかし、移動の途中で肉体は木っ端微塵。  しかも、大賢者の肉体作成魔法でエラー発生。  さらに、理不尽な魔法契約により、期限内に魔王を倒さないと死ぬことが判明。  美少女の姿になり果てた九郎は、自分の命を守るため、魔王を倒す旅に出る。  往く手に待つは、巨大モンスターに盗賊団。殺人鬼にプリンセス。若き皇帝に巨人兵。閃光の大将軍に黄金魔王。そして、女神と邪神と、死の図書神殿――。  九郎はつまずきながらも仲間と一緒に、『はんたずぃ』の世界を駆け抜ける!
24hポイント 2pt
小説 3,621 位 / 19,049件 ファンタジー 1,266 位 / 7,281件
 なぜ、小説を書くのか――。  高校に入学した初日、『寿々木深夜』はその答えをクラスメイトの前でぶっ放した。しかし、全身全霊で書き上げた超大作を小説投稿サイトに掲載してみると、ブックマークの登録数はたったの二つ。あり得ない。アンビリーバボ。『深夜』は涙で枕を濡らしながらも、不死鳥のごとく絶望の淵から立ち上がり、原因究明のために同好会を立ち上げる――。  そんな彼の周囲にいるのは、端から端まですべて美少女。しかも、ちょっと頭のゆるい天然チョロインなんてモブも同然。神に女神、天使に悪魔、魔王に勇者、聖女に妖精、大妖怪に魔法少女、天空人に暗殺者、二次元人に時の観測者まで何でもござれ。オマエらほんとに女子高生か? というツッコミなんかドンッと無視して! スーパーウルトラ学園ラブコメ・ハートフル・ハイ&ローファンタジーストーリーがここに爆っ! 誕っっっ! (お読みになる際の注意事項 : あらすじと本編では一部の内容に超えられない壁がございます。具体的には「スーパーウルトラ」と「学園ラブコメ」と「ハートフル」と「ハイファンタジー」はありません。「ローファンタジー」も薄めです。キャラも表向きはただの女子です。また、本作第二話の内容を現実で実行するのは思い止まってください。決して人前で「〇〇〇を〇〇させろ」などとは、口が裂けても発言しないようにお願い申し上げます)
24hポイント 0pt
小説 19,049 位 / 19,049件 ファンタジー 7,281 位 / 7,281件
 教室に備え付けの電子ロッカーには生徒たちの電子端末が保管されていて、それぞれの指紋認証がないと開かない仕組みになっている。しかしそのロッカーが何者かに開けられて、保管されていた端末がバラバラに入れ替えられてしまった。  いったい誰が、どうやって、何のためにそんなことをしたのか……?   犯人だと疑われてしまった中学一年生の夕遊は無実を証明するために、真犯人をおびき寄せる罠を仕掛ける。そしてその罠に引っかかった犯人の正体と目的とは……。  ちょっぴり不思議なお友達を持つふつうの女の子が、ちょっぴり変わった事件を『解決しない』で『丸く収める』学園プチ・ファンタジー&ほのぼのミステリーがここに開幕。 (本文は、ルビ・空行抜きで16,713文字のショートストーリーになります)
24hポイント 0pt
小説 19,049 位 / 19,049件 ミステリー 524 位 / 524件
恋愛 連載中 短編
 男の子と二人きりでの、初めての待ち合わせ。  しかし待ち合わせ場所に駆けつけると、そこに彼の姿はありませんでした――。  秘密の特殊部隊に所属する、毎日ハラペコの女子高生。女子よりもかわいいくせに、ちょっぴりオレ様口調の男の子。そんな二人が偶然の再開を果たした時、やさしい初恋ストーリーが星空の下で花を咲かせます。 (本作は全六話、本文はルビ・空行抜きで16,806文字のショートストーリーになります)
24hポイント 0pt
小説 19,049 位 / 19,049件 恋愛 4,986 位 / 4,986件
 光あれ! ――ネインの声が凛と響いた瞬間、魔法の光がダンジョンの闇を切り裂いた。そこはヴァリアダンジョンの最下層。暗闇のダンジョンを光魔法で照らすライトマンとして同行したネインに、最強の傭兵ギルド『聖剣旅団』の団長アーサー・ペンドラゴンは言い放つ。 「王室との契約に基づき、あとは我々が引き受ける!」――。  アーサーは最強の魔法剣エクスカリバーを振り下ろし、襲いかかってくる無数のモンスターを斬り飛ばす。しかしそれは、さらなる恐怖の先駆けでしかなかった。圧倒的をはるかに超える無敵の存在と対峙した瞬間、傭兵たちの戦意は完全に砕け散る。しかしその時、ただのライトマンであるはずのネインが、たった一人で最大最強の敵に立ち向かう――。 「オレには目的があります。それはアーサー・ペンドラゴン。あなたのような……」――。  長い時をかけてようやく『究極の炎』を手に入れたネインは、魂の奥底に秘めた決意を口にする。その瞬間から、ネインの長く険しい戦いの旅が幕を開ける。そして世界と世界、神と神、人と人が己の存在と魂をかけて激突する――。  はるか遠い昔から暗躍してきた異世界からの侵入者。この宇宙を創造した絶対神すら欺く恐るべき計画。謎の超魔法カオスゲートの発動。時を同じくして発生した謎の殺人。全宇宙の情報を記録する全知空間の異常。天使の記憶すらも操作する謎の敵。そして、父と母と妹を失った少年の決意が引き寄せた絶対の奇跡――。  人の優しい想いを守るためにネインは自ら困難な道へと進み、出会いと別れと戦いを繰り返す。そして悲しみの涙の果てにすべての糸が寄り集まった瞬間、ネインは瞳の中に黄金の炎を宿しながら絶対の魔法を静かに唱える――。  少年と少女。神と天使。女神と界竜。魔女と悪魔。姫と騎士。神父とシスター。天位の王と大賢者。そして、謎の異世界種――。様々な存在の様々な思惑が複雑に交錯する時、巨大な王都に破壊と陰謀の嵐が吹き荒れる。そして新たなる闇の気配が漂う中、ネインは復讐の炎に心を燃やす仲間とともに、本当の旅の第一歩を踏み出す――。(第1章 魔姫覚醒篇)
24hポイント 0pt
小説 19,049 位 / 19,049件 ファンタジー 7,281 位 / 7,281件
5