桂

ある日、ふと小説を書いてみようと思い立ったのですが、自分でも何故だろうとハテナマークが浮かんでいます。
2
 私は大賢者ロルフの弟子で、名前はソピア。魔道士見習いの12歳。 皆と同じ普通の魔法が、全然使えない。覚えられない。だけど、魔力(地球で言う所のテレキネシス的な?)ものは人一倍馬鹿力だった。  ある日、魔導の修行中に、アカシックレコードから異世界の記憶がダウンロードされてしまった。  最初は異世界転生?かと思ったのだけど、そのうち魂は幾つも飛んで来る。一体何人分やって来るんだろう?  魔導による仮想スリングショットから始まり、爆轟による長距離砲撃から超電力を生み出すプラズマ発電炉(魔導リアクター)、そして、マッハ17で弾丸を打ち出すレールガン(EML=エレクトロ・マグネチック・ランチャー)。この世界には無かった飛行魔法。ジェットエンジンにロケットエンジン。黒玉(マイクロブラックホール)等、イメージさえ有れば何でも出来る。  新しい魔導を次々と開発して行ったら、いつの間にか女神呼ばわり?  ふと気が付くと、私を神だの女神だの呼び出す人が沢山現れて来てしまった。  最初は、私の考えたオリジナル魔法とか、この世界では知られていない電撃魔法(皆が神の雷と呼ぶ)を使うせいかなと思ったのだけど、どうやらそういう訳でも無いらしい。  ドラゴンのプロークなんかは、何か私の中に神の格が宿っているとか言い出しちゃってる。  どうなっちゃうの?私。
24hポイント 35pt
小説 714 位 / 19,438件 ファンタジー 347 位 / 7,537件
登録日 2018.12.31
ある骨董屋ですれ違ったお婆さんが落として行った、水晶のペンダント。 それを偶然拾ったドロシーは、スーツの男達に狙われてしまう。
24hポイント 0pt
小説 19,438 位 / 19,438件 ファンタジー 7,537 位 / 7,537件
登録日 2019.06.02
2