松田 詩依

松田詩依

のんびり執筆しています。「ようこそアヤカシ相談所へ」「霧原骨董店〜あやかし時計と名前の贈り物〜」(アルファポリス文庫)で発売中です!

著者プロフィール

札幌市在住。自然に囲まれた環境で気ままに執筆活動に勤しむ。2017年『ようこそアヤカシ相談所へ』でアルファポリス「第1回キャラ文芸大賞」優秀賞を受賞。翌年、同作にて出版デビューを果たす。
2
アルファポリス文庫
心に沁みるあやかし譚。

霧原骨董店

あやかし時計と名前の贈り物

“いわく憑き”の骨董品を巡る、ちょっと不思議な物語。

あやかしが見えるという秘密を抱えた大学生の一樹。ひょんなことから彼は、付喪神が宿る“いわく憑き”の品を扱う店で働くことになった。その店の名は『霧原骨董店』。寂れた店での仕事は暇なものかと思いきや、商品に宿った気ままなあやかし達に振り回される日々が始まって――? 修理しても動かない懐中時計に、呪いのテディベア、着ると妖しく光る白無垢、曇りが取れない神鏡――事情を抱えた付喪神達と綴る、心に沁みるあやかし譚。

■文庫本 ■定価640円 + 税 ■2018年12月10日発行
アルファポリス文庫
就職先は幽霊だらけ!?

ようこそアヤカシ相談所へ

アルファポリス「第1回キャラ文芸大賞」優秀賞受賞作、待望の書籍化!

失敗続きの就活に疲れ果てた女子大生・山上静乃は、ある日大学で出会った白髪の青年・倉下から、「相談所職員募集中」と書かれた用紙を渡される。断りきれず記載の場所を訪ねると、そこはなんとボロボロの廃ビル……しかも中で待っていたのは人間嫌いの所長・ササキと、個性豊かな幽霊達だった!「あれ、私ひょっとして幽霊に好かれてる?」自信を失いかけていた静乃が優しく幽霊に寄り添い、彼らの悩みを解決に導いていく――。

■文庫本 ■定価640円 + 税 ■2018年08月28日発行
2