大場鳩太郎

大場鳩太郎

2
「やあいらっしゃいませ。『古き良き魔術師たちの時代』にようこそ」  お客様は初めての方ですよね。なるほどダンジョンからの帰りでしたか。お疲れ様でした。……ほうほうオークの盗賊団のねぐらからお宝の山を見つけたんですか。それは幸運でしたね。  そのリュックに入っているのが収穫のようですね。曰くありげな魔道書に、黄金に輝くドラゴンの像に、仄かに魔力を漂わせた翡翠の指輪、ただならぬ気配の短剣までありますね。なかなかの物ばかりのようだ。  ふむ……どれも価値がわからないですって? そうでしょう。そうでしょう。ダンジョンで手に入れたアイテムは須く未鑑定品。調べてみるまで価値が分かりませんからね。  さあ、それでは早速、『鑑定』を始めましょう!  これは迷宮都市のとある魔法道具屋と、そこに訪れるダンジョン探索者達の物語です。  主人公は一応、店長さんです。アイテムおたくでカフェイン中毒。低血圧で居眠りをしては全身甲冑さんに怒られて一見いいとこなしですが『鑑定』の腕だけはチート級らしいので御安心を! ※物語はショートショートの連作です。アイテムごとに完結します。 ※アイテム紹介(鑑別証)は、各章の最後になります。
24hポイント 23pt
小説 1,052 位 / 19,436件 ファンタジー 474 位 / 7,534件
登録日 2015.01.18
「松の湯にようこそ。ここは江戸時代からある古き良き公衆浴場だ。  外観は、神社仏閣風の甍で、唐破風造り。おんぼろじゃなくてレトロで趣があるっていって欲しいね。  設備は、コインランドリー、売店(駄菓子あり)、石鹸、シャンプー、リンス、ドライヤー、体重計、マッサージ機(故障中)、電気風呂(危険)、ジャグジー、薬湯(お勧め)、サウナ、水風呂、以上。水質は超軟水だから、お肌の弱い女性や乳幼児の方にもお勧めだよ。  年中無休。営業は午前十時から午後十時まで。  入浴料は大人が四百円、学生は三百円。十歳以下のお子様は無料だ。  ……おおっとお客さんは異世界人だね?  子供の振りしちゃあいるがあんたはハーフリングだ。しらばっくれようたってそうはいかない。しれっとただ湯にありつこうなんざ太え野郎だね。おまけにそっちは女湯だ。お天道様が許しても公衆浴場法第三条とこの番頭さんが許さないよ。  さあさあこの手拭いとバスタオルを貸してやるから、身も心も、それから泥だらけのあんよも綺麗にしてくるんだよ」 所謂、テンプレ系異世界お店屋さんモノです。 短編連作の予定です。
24hポイント 0pt
小説 19,436 位 / 19,436件 ファンタジー 7,534 位 / 7,534件
登録日 2015.10.31
2