武田道志郎

武田道志郎

現在、「魔拳、狂ひて」という小説を執筆中です。更新する速度は遅いですが、よろしくお願い致します。
1
 時は現代。科学の飛躍的な進歩により、人々は、太古より信じられてきた超常的な存在を否定するようになった。  だがその陰では、妖怪や怨霊、超能力者といった『人智を超えた存在』が暗躍し、多くの人々に危害を加えていた。  しかし、それらの存在に、真っ向から立ち向かう男がいた。  青木衛。謎の武術を習得し、小柄な体の内に特異な力を秘めた、悪人面の青年。  ある時は依頼人のため、またある時は己の目的のため、今日も彼は奔走する。  果たして彼は、一体何者なのか?そして、多くの修羅場、死闘を乗り越えた先にある、彼の目的とは・・・?
24hポイント 18pt
小説 1,041 位 / 19,511件 ファンタジー 455 位 / 7,564件
登録日 2014.04.30
1