カワグチアツシ

カワグチアツシ

2
SF 完結 長編
 二0XX年、政権与党の民自党が、日本国憲法九条改正を国民へ向けて叫ぶ中、横須賀の第七艦隊米海軍基地が、国籍不明の武装集団からテロ攻撃を受けるという、未曾有の事態が国内で突如発生した。深夜未明に侵入した武装集団は、海軍基地施設内に壊滅的なダメ―ジを与えた後、横須賀市街地へと標的を移した。これにより自衛隊は個別的自衛権によってようやく事態収拾へ動き出せたのだっただが、街中へ散った武装集団は至る所で対峙した自衛隊員諸共に自爆テロを計り、横須賀の街を焦土とさせてしまった。後にヨコスカ・ショックと名付けられた未曾有のテロ事件の発生により、これまで改憲反対だった国民意識は軒並み改憲へと振れ出した。更に、死刑囚を恩赦で自衛官に仕立てる特任自衛隊法が、九条改正と伴に施行された。  ヨコスカ・ショックの二年後、軍需企業として名高い菱井重工業CEO、菱井佐奈江の姿が練馬区のあるマンションにあった。彼女の父、健三郎が数日前にアフガニスタンでの視察最中にテロリストに惨殺され、その首謀者を見つけ出す協力をある男へ依頼する為だった。探偵業を営む片山浩というその男は、過去に天才ハッカ―として名を馳せた人物だった。片山と助手の娘、ミカ・ベネットが顧客から依頼されている案件協力を佐奈江が出来るという条件で、片山は調査の為のマルウェアを作成すると約束した。  片山の案件は、スキ―事故で意識不明となったあるプロスポ―ツ選手の実態調査だった。脳死状態なら契約不履行としたかったスポンサ―からの依頼だったが、マネ―ジャ―は吉澤幸雄という闇社会の男で、匿われた世田谷の大邸宅内は雑木林に阻まれ、無頼漢が犇めいて調査は困難だった。佐奈江はそんな二人に開発中だった91式夜間偵察用強襲強化ア―マ―「ナイトバ―ド」を提供する。ナイトバ―ドを装着したミカは邸内へ忍び込み、無頼漢達を駆逐した後に昏睡したアスリ―トを確認した。  約束通りに作成したマルウェアで片山は、佐奈江が疑っていた米情報機関施設をハッキングし、大量の情報を引き出した。驚いた事にその中には、吉澤の追跡調査報告が何故か大量に含まれていたのだった。更にファイルには、アフガニスタンでのテロも、その施設の主であり、情報機関が組織した「ISMO(諜報特別任務機関」の仕業だという証拠もはっきりと残されていたのだった。
24hポイント 0pt
小説 19,532 位 / 19,532件 SF 1,006 位 / 1,006件
登録日 2018.10.20
恋愛 完結 長編 R15
 沢田昭雄は、何処にでもいるような無気力な青年だった。三十歳の彼は、実家がある所沢市下山口を離れ、単身で東京の練馬区にある合金研磨加工の会社で仕事をしていた。  実家では、母親が薬剤師の仕事をしながら独り暮らしを続けていた為に、毎週末には母親の佐和子の顔を見る為にかならず実家に帰っていた。だが、彼が実家に帰る目的は、実は他にあった。  実家は、丘陵地帯に造成されたマンション街‘椿峰ニュータウン’内にあったが、その道程途中にある真四角で箱のような二階建ての一軒家に住む女性、奥山香苗に会うのが本当の目的だった。彼女は、永らく空き家だったその家へ一年前に越して来た。沢田と知り合ったのは引っ越して来た直後で、沢田が丁度実家へ戻る最中に、香苗が家で愛車の旧い赤色のポルシェを洗車している時だった。通りすがりの沢田が珍しい車だと思って近付いたのがきっかけだった。  四十五歳になる香苗は余りにも美しくて若く見え、沢田は彼女の魅力に惹かれてしまうが、ミステリアスな秘密も多かった。
24hポイント 0pt
小説 19,532 位 / 19,532件 恋愛 5,056 位 / 5,056件
登録日 2018.10.21
2