tomatoma

tomatoma

事務員。
3
恋愛 完結 短編 R15
 平凡な少女には普通の未来があるはずだった。  ある晩、赤く染まった美女と出会った奏(かなで)。食わされたモノのせいで、普通ではなくなってしまった体と心。そして“みんな”の存在を知った。  感じたことのない激しい衝動に突き動かされ、奏は今までの人生では想像に及ばない残酷な世界に身を置かざるを得なくなる。自分のせいで人が傷つき、家族にさえ会えず、頼れる者もいない。加えて、この感情は自分のものなのかも分からず、苦しみ、泣けず、死ぬこともできない。  そんなつらい時、寄り添ってくれた人がいた。偽りの生活だとはわかっていたけれど、短くもあたたかい日々に癒され、奏は自分の心を信じることができるようになる。  その人を守るため、みんなを守るため、奏は王になることを選んだ。それは決別を意味していた。  ただ生きていてほしかった。決して戻ることはできない。でも後悔はしていない。  そして二人は再会する。あの時のように触れることは叶わないけれど、もう一度だけ――――  という平凡な女子高生がバンパイアの王さまになる話を、主人公主観であえて軽い口調で語る台詞のない短編です。ぜひ想像を膨らませてお読みください。  タイトルとあらすじを非常に今さらですが変更しました。
24hポイント 0pt
小説 19,511 位 / 19,511件 恋愛 4,821 位 / 4,821件
登録日 2018.02.21
 ダンジョンでひとり生き残ったリアは、呼びかける声に誘われ宝箱を開けてみる――すると、生首がドヤ顔で鎮座していた! 脅されるように結んだ契約は、ダンジョン脱出を条件に生首のバラバラになった体を集めるというもの。だけどそんな脱出方法、常識はずれですよ!?  せっかく生き延びたのに何度も死にそうになりながら、騎士団や冒険者ギルドに目をつけられたり、忍んでるはずが意図せず目立ったり。  いつの間にかトラブルの中心にいるリアは、あちこちでやらかしながら旅をする。  あまのじゃくなハイテンション主人公と、偉そうな首だけ魔術師、肉体系光の勇者に、自称聖職者を加えた、最強欠陥パーティの、その場しのぎの冒険譚。  ただいま三章執筆中。  基本軽いノリで進みますが突然シリアスぶっこまれます。残酷表現あります。ご注意を。  バトルあり、笑いあり(多分)、涙あり(主人公が)、突っ込みありのごった煮ファンタジー。
24hポイント 0pt
小説 19,511 位 / 19,511件 ファンタジー 7,825 位 / 7,825件
登録日 2018.02.22
多少、潔癖症な主任(男)は今朝もいつも通り優雅なひと時を過ごしていた。違うことと言えば、今日は大事なプレゼンに臨むことと、猫耳が生えたことだけ。本人はいたって真面目にどうにかしようとするも、何かが変。
24hポイント 0pt
小説 19,511 位 / 19,511件 ライト文芸 298 位 / 298件
登録日 2018.06.13
3