マチバリ

マチバリ

性癖の闇鍋作家。著書数冊。なんでも書くしなんでも読みます。特に注意書はしないタイプ。感想のお返事もあまりしません。

著者プロフィール

大分県在住。2020年より小説のWeb投稿を開始し、2021年に商業デビュー。好きなものは猫と紅茶とホラー映画。
2
レジーナブックス
令嬢の死が王国を揺るがす

私が死んで満足ですか?

疎まれた令嬢の死と、残された人々の破滅について

とある令嬢の死から始まる、愚か者たちの転落劇。

伯爵令嬢ロロナ・リュースが事故死した。その知らせが舞い込んだのは、彼女が婚約者である王太子に婚約破棄を告げられた翌日のことだった。妹を虐げたなどといわれなき罪で糾弾されながら、その咎めをあっさり受け入れたロロナ。彼女は郊外の街道で横転した馬車の中、痛ましくも顔の潰れた遺体となって発見されたという。その死を知ったロロナの妹は喜んだ。「これで王太子は自分のもの」と。王太子は笑った。「もっと早く死んでくれればよかったのに」と。しかし、彼らは知らなかった。ロロナの死がもたらすものは、幸運だけではないということを……。Web 連載の本編に加え、「彼ら」のその後を描く書き下ろし番外編収録!

■単行本 ■定価1,320円(10%税込) ■2022年04月05日発行
ノーチェブックス
疎まれた令嬢を包む甘い愛

贖罪の花嫁はいつわりの婚姻に溺れる

疎まれた令嬢は甘い愛に包まれ――

幼い頃の事件をきっかけに、家族から疎まれてきた令嬢・エステル。姉の婚約者を誘惑したと言いがかりをつけられ、修道院へ送られることになったはずの彼女に、ある密命が下った。それは、とある高貴な男のもとに嫁ぎ、彼の子を産むこと。男――アンデリックとかたちだけの婚姻を結んだエステルは、はじめこそ不安を抱いたものの、意外にも穏やかな彼に、うまくやっていけるのでは、と希望を抱く。けれどエステルの胸に安らぎが訪れるたび、過去の記憶が彼女を苛み、ある決断を強いることになる。――かつて罪を犯した私が、幸せになどなっていいはずがない。私がすべきことはアンデリック様の子を孕むことだけ――罪の記憶が交差する、切なく激しいラブロマンス!

■単行本 ■定価1,320円(10%税込) ■2021年10月25日発行
2