きころう

きころう

小説家になろうで投稿しています。 小説を書き始めたのは最近ですが良いものをかけるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします。
1
魔法によって繁栄した世界。 その世界でレティシアは、貴族の家系に才能と美貌を持って生まれた。 両親に祝福され、順風満帆に育っていく彼女だったが、その人生は10歳の誕生日で狂い始める。 暗殺の危機に晒された彼女は、己の意思とは関係なく、それを撃退してしまう。 かけつけた両親が見たのは血だまりに佇む、赤い目を怪しく輝かせたレティシアだった。 輝く赤い目。 それはかつて、世界を支配せんとした魔王の瞳。 その瞳を恐れ、両親はレティシアを遠く離れた屋敷へと隔離してしまう。 以前の生活を取り戻したいレティシアは、両親の関心を得ようと、必死に勉学を磨いた。 しかし、彼女が両親の元へと戻れる事はなかった。 絶望する彼女に、恐れる事なく接するのは、蒼い瞳を持った執事キース。 彼はレティシアを救うため、共に屋敷を抜け出し外へと旅立った。 彼女は道中で様々な人と出会いながら成長していき、ついには赤い瞳や世界の真実を目の当たりにする。 全てを知った時、彼女は何を思うのか。
24hポイント 0pt
小説 19,516 位 / 19,516件 ファンタジー 7,566 位 / 7,566件
登録日 2019.05.03
1