西光寺 空也

西光寺 空也

2
「目が覚めたらおじさんの体で見知らぬ鍾乳洞。」という冗談のような状況で、更に下半身が動かない。そこへ迫りくる尿意。詰むや、詰まざるやの状態で……ダメでした。漏らしました。漏らした後能力に目覚めました。それも念動力というビミョーな能力でした。 その風貌から、屈辱的な事にゴブリンと勘違いされ、ゴブリンの群に加入。そこで出会った美少女神官、クリス。何故かそのクリスを狙って迫り来る貴族たちの追手の凶刃…… 巡り巡り国落としを目的とした英雄暗殺の陰謀に巻き込まれたクリスと、スパイによって根幹を腐敗させられた領地を巡るスパイとの戦いに巻き込まれていく。 そんな中、ビミョーな「念動力」……。 しかし、対遠隔武器、対魔導士戦では実は馬鹿にできない戦力と気付いてから、意外な戦略冒険譚が始まる。 おじさんの脳から得た機転と工夫――それを一番の武器として…… 絶望的な状況をひっくり返す。  ※ 最初は「おじさんの体スタート」ですが、おじさんの脳からエロスキルと知識・経験を吸収して、自分の体を取り戻し、ハーレムエンドしますのでご安心下さい。  ※ 48話「考察」迄読むことを推奨。 実はSFです。 ◆ 冒険もエロも陰謀劇も濃厚 ◆ 快楽攻め、言わせる系多め ◆ 珍しい、対スパイ戦 ◆ □ この作品の特徴  - 戦闘は地味目です。    火力でなく、弱点を的確に突いて弱火力で強敵を倒すタイプになります。  - スキル、Lv制ではないので、数値は出てきません。    その代わり、不意打ち、伏兵を始め、弱点を突いての一発逆転が有ります。  - 対スパイ戦が中心なので、あまり戦闘は出てこず、騙し合いと信頼で状況を変え、   「戦わずして降らせる」方法を使って戦う事が多いです。  - 弱者と書いてますが、知恵を使うと実際結構強いです。 すみません。  - 評価する方へ: 無駄に過激な表現は避けています。 純粋に感じた事で評価して下さい。            真面目に、一生懸命書いています、ご理解お願い致します。 □ その他 ※ 内容は全てフィクションであり、主義主張は筆者とは関係なく登場人物の考えになります。 ※ 星記号(☆)の後にあるものは、その章の特記事項を示す記号です。  L: 「Leaderの心得」記述アリ。 E: エロ回(飛ばしてOK) I: 重要回
24h.ポイント 2pt
小説 378 位 / 21,296件 ファンタジー 142 位 / 8,269件
登録日 2023.12.07
「辺境ってのはですねぇ、色々出来るんですよぉ。」(by 陰謀農民主人公) === 4歳の時に魔法書を拾い、練習を重ねてきた転生者ヴェルナー。 だが、一向に魔法が顕現しない。 腐らず、前世の知識を生かし、近隣の農村が豊かになる様に努力し、少しづつ豊かに……。 そんなある日、町で共産主義革命の噂を聞く。  ― 貴族の腐敗も糞だが……     大虐殺が起き、独裁者が誕生するんじゃないのか? 前世の知識で知っていた。 仕組み上、過度に中央集権化する共産主義の危険性を―― そして、大虐殺から多くの人を救うべく、動き出す。 絶望的な状況ながら、ヴェルナーは二つの武器を持っていた―  ― 農民の子には似つかわしくない『交渉能力』。    そして、魔法発動地点を自由に操る、『座標』と名付けた特殊技能だった。 座標―― それは、何年も顕現しない魔法に悩み、  体のあらゆるところから魔法が出る事をイメージしながら血の滲むほど練習し、    何年もかけて手に入れた、彼の宝物だった。 誰もが予測できなかった。 彼が後に役人となり、共産主義革命を更にひっくり返すべく奮闘する事を――
24h.ポイント 16pt
小説 73 位 / 21,296件 ファンタジー 36 位 / 8,269件
登録日 2024.01.13
2