愛山雄町

愛山雄町

SF・ファンタジー系の兼業作家です。トリニータスシリーズ(トリニータス・ムンドゥス、ドリーム・ライフ)をTOブックス様より出版。小説家になろう様でも投稿しております。

著者プロフィール

神戸市在住の酔いどれ作家。ペンネームの由来は酒米の「愛山」と「備前雄町」。名前から分かるように大の酒好き。「迷宮最深部(ラスボス)から始まる美食(グルメ)探訪記」が「第13回ファンタジー小説大賞」にて、奨励賞を受賞。改題・改稿を経て、出版に至る。著書は他に、Trinitasシリーズ『ドリーム・ライフ』『トリニータス・ムンドゥス』(ともにTOブックス)がある。
1
アルファポリス
美食旅はラスボスと共に!?

迷宮最深部から始まるグルメ探訪記

転移先にいたラスボスと一緒に、異世界フルコースの旅へ!?

ある日突然、異世界転移に巻き込まれたフリーライターのゴウ。その上彼が飛ばされたのは、よりにもよって迷宮の最深部――ラスボスである古代竜の目の前だった。瞬殺される……と思いきや、長年囚われの身である竜は「我を倒せ」と言い、あらゆる手段を講じてゴウを鍛え始める。一年の時を経て、超人的な力を得たゴウは竜を撃破し、迷宮を完全攻略する。するとこの世界の管理者を名乗る存在が現れ、望みを一つだけ叶えるという。しかし、元いた世界には帰れないらしい。そこでゴウは、友人同然となっていた竜を復活させ、ともに地上を巡ることにする。迷宮での味気ない食生活から解放された今、追求すべきは美食と美酒!? 異世界グルメ探訪ファンタジー、ここに開幕!

■単行本 ■定価1,320円(10%税込) ■2021年03月31日発行
1