3
世界を滅ぼせる力を持つ最強最悪な大魔術師と彼に見初められた平凡な少女が学友を巻き込んで繰り広げる変貌と混乱のバトルラブストーリー。
24hポイント 62pt
小説 545 位 / 19,056件 ファンタジー 269 位 / 7,286件
ただのOLとして生活していた紗江は日課である月見酒の最中、突然上空から銀髪碧眼の美青年に「迎えに来た」と言われ連れ去られた。なんでも毎日月を見ていた紗江は異世界では”月の精霊”として珍重される存在だとか。わー夢だね~。夢って自分に都合いいよね~。と笑ったものの、都合よく銀髪碧眼の美青年と恋ができるかといえばそうではなく、運ばれた先は人身売買組織―─もとい『月の宮』。月の宮は紗江と同じように元の世界から”月の力”を蓄えた人をこちらの世界に連れ去って競りにかける合法組織だった。そして紗江はあっさりと白銀髪赤目の青年に競り落とされて、異世界の人々の為に体に溜まった『月の力』=『魔力』を使って世界をよくして行かないといけないみたい!でも今一自分の力も価値も理解してないんですけど、何したらいいんですか、ご主人様!?しかも自分は普通の人よりも『月の力(魔力)』が強い”月の神子”と呼ばれる存在らしい!意味不明だよ! 赤目の悪魔のようなご主人様と己の生きる世界に執着を持てなかった紗江のラブも生まれるかもしれないラブファンタジー!
24hポイント 51pt
小説 648 位 / 19,056件 ファンタジー 313 位 / 7,286件
 世界には魔王がいた。二大国家の内の一国である、アテナ王国の王は勇者を募り、魔王討伐を命じる。  勇者一行の動きを察知した魔王は、ちょっと怒っていた。  こんなにも真面目に国を治めているのに、なぜ、打ち取られなければならない? 意味が分からない。  それに勇者と勇者のパーティ構成には、疑問がある。どうして勇者はアテナ王立軍の中佐なんだ? 何故トップが来ない? そしてどうして、勇者以外は全員女なんだ。ハーレムか? ――馬鹿馬鹿しい。  だから魔王は決断した。  勇者がやってきたら、絶対に嫌がらせをしてやろう――と。  意気揚々と魔王討伐に向かった勇者と、不満たらたらで勇者を待ち構える魔王の出会いから、運命(のラブ)が始まる。
24hポイント 93pt
小説 402 位 / 19,056件 ファンタジー 207 位 / 7,286件
3