汐見 夏衛

汐見 夏衛

ファンタジーとラブコメ中心に執筆。真面目なファンタジーを書こうと意気込んでもすぐコメディに……
10
花の都「華月京」、東二条大路の右大臣邸の片隅で出会った二人。 破天荒で天真爛漫な右大臣の姫君「六の君」は、白縫山に巣食う盗賊団の一員として恐れられる「火影童子」を助けた。 無口で無愛想な青年に、「蘇芳丸」と犬の名をつけ、かいがいしく世話を焼く六の君。 そんな彼女に辟易としながらも、青年は少しずつ心を開いていく。 そんな二人をよそに、内裏では、世継ぎである春宮の妃探しが始まった。 はてさて、六の君と火影童子の恋?のゆくえはーーー
24hポイント 0pt
小説 18,855 位 / 18,855件 ファンタジー 7,415 位 / 7,415件
登録日 2014.09.24
【華月譚】月ノ章の続編。相変わらず素っ頓狂で破天荒な姫君・汀が、自ら混乱に巻き込まれ、さらなる混乱を引き起こし、周りを振り回す。白縫山と青羽山の盗賊たちのいがみ合いまで絡んできて、都中が引っ掻き回される!
24hポイント 0pt
小説 18,855 位 / 18,855件 ファンタジー 7,415 位 / 7,415件
登録日 2014.09.24
ファンタジー 連載中 ショートショート
真冬の雪山を訪れた沙霧は、雪壺に足をとられて身動きがとれなくなる。そこに、純白の髪の少女が現れた。無口で風変わりな少女に、沙霧は泡雪という名を与える。人間を嫌う泡雪に、しかし沙霧はどんどん惹かれていき………
24hポイント 0pt
小説 18,855 位 / 18,855件 ファンタジー 7,415 位 / 7,415件
登録日 2014.09.24
みーちゃんの幼馴染・カナタくんは、ド真面目で超KYで大魔王的毒舌の持ち主。教師に対しても先輩に対しても遠慮のカケラもなく理路整然と毒舌で迫り、間違いを正す。ちなみに口癖は「なんでそんなことも分かんないかな。僕は、心底、不思議だよ。」………でも、なぜだか、カナタくんと一緒にいるのが一番心地いいのだ。
24hポイント 0pt
小説 18,855 位 / 18,855件 恋愛 4,814 位 / 4,814件
登録日 2014.09.24
あたしの唯一の男友達、たっちゃんはな。「趣味はモテること、特技はモテること、長所と短所もモテること、将来の夢はモテ(以下略)」っちゅう、とんでもない『愛されたがり男』やねん! ほんま、えーかげんにしてほしいわ。主食は愛、モテへんと餓死するなんてあほくさいことばっか言うとるわ。ほんま、どうかしとるで。
24hポイント 0pt
小説 18,855 位 / 18,855件 恋愛 4,814 位 / 4,814件
登録日 2014.09.24
「四の五の言わずに黙って俺に従え!」 俺様 毒舌 自信家 暴君 自己中 ナルシスト 女たらし 同期の蓮見は、いわゆる『最低な男』 「俺の足を引っ張るな!」 「俺の企画が失敗するわけねえだろ」 「俺ほど賢い人間には会ったことがない」 横柄で傲慢で。 「俺が浮気するのは致し方ない。 俺カッコイイからモテちゃうんだもん」 「男が浮気する気にもならないくらい 魅力的な女になってから文句言えよ」 しかも女の敵! 「清水。お前、俺のこと好きだろ」 誰があんたなんか。 こんな最低男は 半径1メートル以内、立入禁止! でも……… 「ん。飲め」 「なにこれ」 「缶コーヒーだよ。見りゃ分かんだろ」 「………どうも」 意外と優しいところも たまには、あったりする
24hポイント 0pt
小説 18,855 位 / 18,855件 恋愛 4,814 位 / 4,814件
登録日 2016.01.27
◇ 藤森先生は、私の高校の数学の先生です かっこよくて、気さくで 女子からも男子からも、大人気です ……でも、よく見ていると ときどき、「先生の仮面」が剥がれて 仕事に疲れて少し投げやりになった 普通の25歳の男の人の顔をします それに気がついてから 私はこっそりと、先生のことを 観察するようになりました ◆ 俺のことを ただ静かに観察するような視線 それに気がついたのは いつだったろう 真面目で大人しくて目立たない女子生徒 でも、彼女には 心のうちを、すべて 見抜かれているような気がする
24hポイント 0pt
小説 18,855 位 / 18,855件 恋愛 4,814 位 / 4,814件
登録日 2016.01.27
「俺がお前を好きになることはない」 リヒト 悪魔のように残酷で 媚薬のように甘美な男 たとえどんな仕打ちを受けても 私は その美しい瞳に見つめられるだけで その美しい声に名前を呼ばれるだけで 甘い眩暈で 何にも見えなくなる . ・*。 :. ' 「俺を好きになってくれませんか」 ルイ 明るくて優しくて真っ直ぐな男 私のことを一途に想ってくれている でも その声では その瞳では 私は眩暈を起こさない . .・*. *: ' 「私はなんて打算的でずるいんだろう」 レイラ 二人の男の間で揺れる愚かな女 . :*' ・。. *.' ' Which will you take? 焦がれてやまない愛しい恋人 or 優しく包み込んでくれる年下の男
24hポイント 0pt
小説 18,855 位 / 18,855件 恋愛 4,814 位 / 4,814件
登録日 2016.01.27
「会議の資料~?テキトーでいーよ~」 「よくありません」 真面目一筋で生きてきた私の前に 突如、立ちはだかった 最強のテキトー男・五十嵐課長 「オジサンとランチに行かないかーい?」 「行きません」 「イイジャナイノ~」 「何ですかその変なイントネーションは」 「つれないな~。ダメヨ~ダメダメ~」 「だから、イントネーションが変です」 ーーまったく意味不明、なのに…… 「かぁわいいな~食べちゃいたーい☆」 「……馬鹿なんですか?」 「仕事よりー俺とイイコトしよーよ♡」 「……セクハラしてる暇があったら ちゃんと仕事してください、課長」 ーーこの人といると、何か調子が狂う…… 「よしよし、抱きしめてあげよう」 ーーどきん、と高鳴る私の心臓 いったいどうしちゃったの……?
24hポイント 0pt
小説 18,855 位 / 18,855件 恋愛 4,814 位 / 4,814件
登録日 2016.01.27
10