厨二の冒険者

厨二の冒険者

1
「こ、これはレッドドラゴンの爪!?、貴方が討伐したの!?」 「そうですけど?」 「今日から貴方はSSSランクの冒険者よ」 「嫌です、ごめんなさい」 冒険者養成学校に通う事になったドミニクは、sssランクである事を隠したつもりで気ままに学校生活を送るが結構バレバレであった。 ※この作品は『小説家になろう』様で公開しております(´ω`)
24hポイント 0pt
小説 18,466 位 / 18,466件 ファンタジー 6,900 位 / 6,900件
1