みなわなみ

みなわなみ

田舎で一人暮らし中 残酷なざまぁは書けないようです(-ω-;)

「照葉輝く~静物語」完結いたしました

以前から、どこかで発表したいと思っておりました「照葉輝く~静物語」。
やっと完結いたしました。

40万字も、本当によくお付き合いくださいまして、感謝に堪えません、

幕末、最後まで徳川幕府に従った会津藩。
その始祖、保科正之公の母の物語でした。

正之公についてはさまざまの事柄が解るのですが、その母、静については、ほとんど解っていません。
唯一はっきりしているのが、あの悪名高き安産祈願文。

身分を解っていないとか、秀忠を籠絡したとか、いろいろ言われております(^^;)

幸松が産まれた後、育てられていた見性院の元に江が乗り込んだ
とも言われており、
これも「殺しに行った」という説と、「竹千代一派に幸松が消されないように気をつけよ」と注意をしに行った説を見ました。

「じゃぁ、江と静がお互いを思い合っていてもいいんじゃない?」と思い、

秀忠が子を水にして宿下がりしていた静を執心で呼び戻した。
という説は、
「大姥のために」呼び戻した。
という形に変えました。

いろいろと拙い部分もあるとは思いますが、完結後もお気に入りが増えているのに大変感激しています。
ありがとうございました。
コメント 0
登録日 2020.06.28 21:15

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0