あとみく

あとみく

公開中の作品「黒犬と山猫!」は長いです。まだまだ投稿します。

どうでもいい驚き

今、まったく共感できない、雪が降った二月のところの話をアップしております。あとみくです。暑いよ。梅雨だよ。蒸すよ。手が凍えるとか寒いとか、季節外れもいいところだよ!早く夏の話までアップしてしまいたいくらいだよ!

さて、まあそれはさておき。

皆様、車というものにはお乗りになられますでしょうか。
私はサッパリのペーパードライバーです。

よって、車の出てくるシーンとなると想像力の世界というか、まあ。運転は記憶をたどるにしても、実際の車種だとかなんだとか、ね。

そこでですよ。

今「黒犬と山猫!」のストックの先の部分をちらっと見ていて(まだまだある…長い…このカクヨム「ワークスペース」はひたすら下にスクロールするのかしらね?毎回下までスクロールするのすっごい長いのに、こう、章ごとに折り畳むとかさあ…ないのかなあ…)、ふと、車が出てきたんですよね。

2014年当時の私が、がんばって、すごくがんばって調べたであろう、車種(モデル名)が、あったんですよね。

今、見たわけですよ。それを。
そしたらなんか、「へええ、この2台かあ…って、うん?これと、これ…似たような車種だなあ…。…へっ?」

ああ、この2台。
今年、2台とも同時にモデルチェンジして、超話題になった、って、いうか…。

『自分でいっぱい記事あげたじゃん!!!』

ええ、実は私、最近クルマ業界のライターをやってまして(全く興味はないのに)、「うおっ、なんだよめちゃくちゃ特集記事とか内装とか書いたあれじゃん!!!」と笑いがこみ上げてしまいました。当時の自分はまさか自分がクルマなどという物体に、やれフルモデルチェンジだやれ最大トルクだ、SUVだクロスオーバーだと、わずかなりとも詳しくなろうなどと思いもよらなかったわけで、すごく変な感じがしまして。

今だったら、もっと「このくらいの年収・家・地域・趣味の人ならこれくらいのモデル」とかふつうに見当がつくわけで、でももし今書くなら、わかる分だけ超迷ったかもなーとかも思うし、なんとも言えない感慨でした。

いや、どーでもいい話。
コメント 0
登録日 2020.07.04 19:32

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0