夢幻洞

夢幻洞

 本が読みたくて、俗世間を離れる。  現在、崑崙山の麓で無限洞を主宰している。  夢は天仙となって天宮に昇り、西王母の蟠桃を食べて不死になること。

卵子のこころ

 卵子の意志について考察した、新作エッセイを上梓しました。
 やや柄の悪い表現を用いていますので、一応、R-18に指定しました。

 
コメント 0
登録日 2020.07.22 06:55

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0