『婚約破棄〜』の再開につきまして。

ほんの少しですがストックが出来ましたので、ちょっとずつですがお話を再開させて頂きます。

前回のお話からしばらく経ち、物語は全く進んでいませんが、その中で世界は凄まじい勢いで変わってしまいました。私の拙いお話を読んで下さる方の中にも、言葉では言い表せれないほど苦しい想いをされている方もいらっしゃると思います。

大きく変わってしまった世界の中で。
いつもと変わらない世界の中で。
辛く、苦しく、哀しい想いをされている方へ。
お願いですから『生きてください』
頑張れなんて言いません。あなたはもう十分過ぎるほど頑張っています。だから、そんなあなたに頑張れなんてことは言えませんし、言いたくもありません。

でも、これだけは。
『お願いですから生きてください』
今は。今までは。そしてこれからも。
出口の見えない暗闇の中にいるかもしれません。
でも、いつか絶望の中でも差し伸べられる手があるはずです。もしかしたら、もうすでに手は差し伸べられているかもしれません。それにあなたが気付いていないだけで。
そして、それに気付いた時は今度こそしっかりとその手を掴んで離さないで下さい。差し伸べられた手を掴むことは決して弱いことではありません。それは『逃げ』でもありません。

だって、今こうして私のお話を読んでくれているということは、必死に頑張って生きてきてくれたからでしょう? そんな『あなた』は十分過ぎるほど強い人です。もしかしたら、頑張り過ぎてしまう人なのかもしれませんね。

そんな『あなた』に。
私は『ありがとう。頑張って生きてくれて、新しいお話を読んでくれてありがとう』と伝えたいです。

何度も死にかけた私は、やっとそのことに気付けました。そして、幸いにも差し伸べられた手にも気付くことが出来ました。

ごちゃごちゃと書いてしまい、申し訳ありません。
つまりは、私のお話を読んでくれる方々に『ありがとう』と叫びたいのと、『また会いましょう』と言いたいんです(๑˃̵ᴗ˂̵)

一方的な約束になってしまうと思いますが、
『必ず、また会いましょう』
約束ですよ(๑>◡<๑)

最後になってしまいましたが、この度の災害や病いで尊い命を失くされた方々へ。心よりご冥福をお祈りしたします。また、災害などで被害に遭われた方々へ。心よりお見舞い申し上げます。

次話以降もお付き合い頂ければ幸いです。ノワール
コメント 0
登録日 2020.09.09 14:13

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0