広翼

広翼

ゆる猫マンガと猫ライターと猫の召使いをやってます。イラストは日々練習中。

『ほら、ここにも猫』・第237話「湯屋のざくろ口」を掲載しました。

浴槽と洗い場を仕切る「ざくろ口」の入り口にねこ達が居座ってしまったため、なかなか出入りができなくなった事もあったようです。


江戸時代にも湯屋はあちこちにあったようですがその施設のつくりは現代のものとかなり異なっていたようです。

「ざくろ口」とは、浴槽と洗い場をつなぐ出入り口の事ですが浴槽の室温を逃がさない様に、入り口は低く狭く作られており人々はかがんで入らなければいけませんでした。

かがんで入る事を「かがみ入る(かがみいる)」と言ったそうです。また、当時鏡の曇りを取る時にざくろの実を使っており、鏡を磨く事を「鏡鋳る(かがみいる)」と言って音が同じため、浴槽への入り口を「ざくろ口」と呼ぶそうになったんだとか。

なお、明治に入ると衛生的でないということで、ざくろ口は廃止になっていったそうです。
登録日 2018.03.06 21:53

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

1
2018.03.11 15:15
あいんすた

「ざくろ口」というものを今回初めて知りました。酔っ払って浴室に入ろうとすると頭をぶつけそうですね(笑い)。
この作品に対する私の解釈では、客の困惑は出入りする際にネコを足蹴にしたりはしないかという、優しさからきているような気がします。

1