夏瀬檸檬

夏瀬檸檬

檸檬です。高校1年生です。 表現が未熟な上に亀ペースですが更新していきますので応援よろしくお願いします! 近況ボードでいろんなことを話していきますのでよかったらご覧ください。

優しい空の星10番星達成

皆さま、こんにちは。夏瀬檸檬です。
最近いきなり暑くなって、疲れてしまうと思いますがお体に異常はございませんか?

私は、というと、優しい空の星がこうして10話達成したことに喜びと嬉しい気持ちでいっぱいです!
なので、今回は、優しい空の星の誕生から今までの気持ちを書き連ねようと思います。(話が終わったわけでもなく、たいして面白い話でもないのに、大げさですみません)

いざ、優しい空の星をなぜ書こうと思ったかと自分で考えて見ると、私にもよくわかりません笑とりあえず何かの授業の時間に空想してできた物語でした。本当はアルベーサとヴェデをラブラブに仕上げようと思って、アルと、ヴェデの暑いくらいのラブ小説を作るつもりでした。でも、どんどん書いているうちに話が違う方向へ…私の悪いくせです…でもやっと落ち着いてきました。そしてなぜかキルベールの登場…キルベールもっと悪いやつにする予定だったのに優しくて素晴らしい王子様が完成してしまった…笑 私は書いて行くと人格変えちゃう癖があるんですよ…そして、ソニアなんてもっと悪いやつで作ってたのに、結構悲しいお話も追加したりして、やっと、筋?が通ってきたかなと…勝手に思っております。
アナスタシオと、イザベルは思った通り進んでくれてて安心安心!
ローレンに関しては…もう何も言えない笑
そこでまた悲しいお話を一つ…
本当は貴族と、王宮とかの「おほほほ」「うふふふ」「〜だわ」という口調のお話を作る気だったので、最初なぜかうっとおしいほど貴族口調…こわ…笑
でも後で思ったんですけど、ヴェデの体弱い設定どこいった?!またどこかで突っ込みます…許してください…
少しずつ修正して行くので気長にお待ちください!

〜優しい空の星の題名について〜
実は、題名全く決めてなくて頭に浮かんだ適当な題名をつけていたんです…なんてバカなんだ…
そこからは、一人は一つの星として考えて書いてます。


…と、いうことで!優しい空の星についてのくだらない話でした!ここまで見てくださった方感謝です!これからも一層の努力を続けてまいりますので、応援してくださると幸いです!
コメント 0
登録日 2018.05.03 20:43

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0