毎朝の小説

毎日、朝が来るのが楽しみです。
いや、ちがうな。
嫁が起きるのが楽しみです。笑

小説を書くためのネーム。
もとい嫁の夢。

凄く短文でそっけないが笑える。笑

毎日朝から笑える。笑

嫁は夢を覚えている午前の間は自分の夢の何が面白いのか理解出来ずに真顔。

けど、夢を忘れた頃に俺の書いた物を見ると思い出すのか爆笑している。

いやいや。
君の見た夢だよ?笑

そんな毎日が今は幸せで楽しく思います。
コメント 0
登録日 2019.01.10 10:03

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0