半道海豚

半道海豚

男性サラリーマンです。

「200万年後」再開しました

「200万年後」を再開しました。
申し訳ありませんが、「アークティカの商人」は少しお休みさせてください。
次章は、いよいよ帝国との前哨戦が始まります。

今回のテーマは、相当に重いです。
ヒトの歴史は、戦争の積み重ねですが、戦争は外交・通商と一体不可分です。
戦争は純粋に欲得でするものです。
経済的利益のない戦争など存在しません。

今回は、燃料を巡る争いです。
湖水地帯の人々は、燃料がなければ船を動かせません。
船の動力は焼玉エンジンで、ガソリン、軽油、灯油、重油、アルコールなど、どんな粗製燃料でもこの電気系を必要としないレシプロエンジンは動いてしまいます。

もし、燃料の供給が断たれたら。

湖水地帯の文明は、一気に中世まで後退してしまいます。

この恐怖としか言いようのない事態に際し、半田千早はどのように立ち向かうのでしょうか?

そして、誰が、あるいは何が、油を断ったのか?

ご期待ください。
登録日 2019.02.12 14:21

この投稿はコメントを受け付けておりません