新作、投稿しました

新作『狐火の市』投稿しました。

あらすじ
「ばぁちゃん、山に灯りがついてんで。火事ちゃう? しょうぼうしゃ、よんだ方がええんやろか?」

「ああ。ありゃあ、狐火やろが。尻尾がたんと増えた狐が、こないに、尻尾をわしゃわしゃーっとすると、ポワーッと灯りが灯るんや」

 あの狐火が三つに増えたら『狐火の市』が立つ合図なんやて。ほんまかいな?

 ぼくとばぁちゃんの、ちょい怖ぁて不思議な『狐火の市』の話や。


▽△▽


 全話一気に公開済みです。一万文字程度の短い短編ですので、お時間のある時にでも読んでみて下さいね。よろしくお願いします!
コメント 0
登録日 2019.07.10 09:57

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0